滋賀県 彦根市のふるさと納税のご紹介

 

滋賀県 彦根市のご紹介

国宝であり、姫路城や松本城など共に日本を代表する彦根城を有する滋賀県の彦根市は、県北東部に位置し、昭和12年2月に市制が施行、現在では人口約11万人の地方都市です。
琵琶湖などに囲まれ自然にとても恵まれた彦根市は、古くは戦国武将の石田三成の居城であった佐和山城が近郊にあり、その後琵琶湖沿岸に彦根城が築城されました。そして江戸期に彦根藩35万石の譜代大名の城下町として発展し続けました。

それ以前より、近江地方の交通の要所である中仙道の宿場として栄え、中でも鳥居本宿は中仙道一の繁栄地でした。戦時中の大規模な地方の空襲に見舞われることがなく、歴史遺産である城下町、宿場町、寺院や史跡などの貴重な文化資産が今でも数多く残っています。
交通アクセスは、主要駅の彦根駅と高速自動車道路は彦根インターがあります。

もともと商業や工業が盛んな地域であり、特にバルブやタイヤ、ファンデーションの製造が行われる工業都市として有名です。

名産品は、やはり琵琶湖の恵みにより鮒寿司と湖魚佃煮、また紅かぶらや彦根梨、彦根リンゴです。
伝統産業として現在も引継がれている彦根仏壇、鳥居本宿の薬である赤玉神教丸があります。

観光名所としては、琵琶湖を中心とした国定公園の多景島や世界文化遺産認定を目指している彦根城及び周辺の城下町が、県外より多くの観光客を呼び寄せています。
彦根城で有名なゆるキャラひこにゃんは、全国レベルの人気者となっています。

彦根市がおすすめする人気の特産品・返礼品

彦根市を代表する地元特産品は、紅かぶらや彦根梨、彦根りんごと水産加工品である鮒寿司があります。
また、伝統工芸として、歴史ある焼き物の湖東焼の陶磁器や彦根の仏壇、鳥居本宿の薬が有名です。
ふるさと納税に対する人気の返礼品は、やはり地元が誇る近江牛のお肉となります。サーロインステーキやすき焼き肉、しゃぶしゃぶ肉の各詰合せが好評です。また、近江牛の肉を使用した大ぶりの餃子やコロッケもおすすめです。
近江牛系以外では地元産のお米の”にこまる”も人気です。

彦根市のふるさと応援寄附金の使い道

彦根市のふるさと納税応援寄附金は事前に使いみちを選択できます。使いみちは6つの使途が設定されています。事例として、まず市民の健康寿命を延ばすべく予防健診等健康サービス対応です。次に国宝彦根城の部分的修復や補修などを含めた文化的資産の保全管理にかかる費用支援があります。また、ひこにゃんイベント等の開発促進を通じた市の観光発信企画サポート、そしてパソコン授業等ICT教育の導入による子供の将来を踏まえた教育現場の支援に活用されています。

滋賀県 彦根市の返礼品ページ

滋賀県 彦根市のホームページ
http://www.city.hikone.shiga.jp/category/9-6-0-0-0.html

SNSでもご購読できます。