埼玉県 草加市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

埼玉県 草加市のご紹介

埼玉県の南東部にある草加市は、人口約25万人の市です。越谷市の次に人口が多い市で、県内第6位となっています。隣接する市には、川口市、越谷市の他に東京都の足立区がありますので都心へのアクセスに便利な市となっています。市の中心となる駅は草加駅があります。草加駅へは、東武鉄道の東部スカイツリーラインや東京地下鉄日比谷線などを利用すればアクセスすることができます。羽田空港や成田空港へは草加駅から空港直通のリムジンバスが草加駅東口から出ています。空の便へのアクセスも大変しやすくなっています。お車の場合は東京外環自動車道を利用して草加ICで降ります。草加市の観光名所として、有名なのは草加松原です。草加松原は、国指定の名勝となっています。旧日光街道にある松の並木が1.5キロ綾瀬川沿いに続いていて千本松原とも呼ばれています。遊歩道と車道が交差するところには跨道橋が架けられているので、石畳の遊歩道を、景色を見ながらゆっくりと歩くことができます。そして、この松並木の遊歩道は「日本の道100選」に選ばれていますので草加市に行ったときにはぜひ一度歩いてみたいものです。名産品には、有名な草加せんべいがあります。うるち米を使用したせんべいで硬めのバリッという食感がとても人気があります。昔、お米を団子のようにしてから乾燥させたものを保存食にしていたそうで、それを江戸時代、草加宿というところで販売したのが発祥と言われています。

草加市がおすすめする人気の特産品・返礼品

草加市では寄付金の額に応じ、ポイントが付与されます。その付与に応じた返礼品をもらうことができるという仕組みになっています。地球儀のトップメーカー、草加市にある渡辺教具製作所さんが作った地球儀や、つばさの森という障がい者施設の利用者と職員が手作りしたお菓子の詰め合わせなどがあり、おすすめとなっています。特産品でもある草加せんべいの詰め合わせなども人気となっています。草加せんべいの振興協議会に加盟している店、16店舗自慢の逸品が詰め込まれています。

草加市のふるさと応援寄附金の使い道

寄付金の使い道は寄付していただいた方に選んでもらえるようになっています。福祉や教育など7種類の事業か、指定なしがあります。福祉や教育では障がい者施設の充実や学校教育の充実などがあります。緑化保全では草加松原をはじめ草加市になる自然を守っていくための整備などに充てられます。産業振興はどこの自治体でも伝統を継承していく人手がいないのが現状ですのでそういった後継者を育てるための支援に利用しています。その他にも被災者支援やまちづくり活動などがあります。

埼玉県 草加市の返礼品ページ

埼玉県 草加市のホームページ
http://www.city.soka.saitama.jp/cont/s1403/020/010/020/PAGE000000000000043664.html