埼玉県 小鹿野町のふるさと納税のご紹介

 

埼玉県 小鹿野町のご紹介

小鹿野町は、埼玉県の西部にある人口約1,100人の町です。群馬県にも隣接しており、「日本百名山」に選ばれた両神山や「日本の滝百選」に選ばれている丸神の滝など、豊かな自然を楽しむことが出来ます。秩父多摩甲斐国立公園、県立両神自然公園、他にもロッククライミングのコースにも利用されることの多い二子山のある県立西秩父自然公園などもあります。四季折々の景色を楽しめるほか、初心者でもハイキングができるとして町民に愛された山となっています。また町には自然だけでなく文化的な要素もあり、江戸時代中期から始まった小鹿野歌舞伎は有名です。町内で上演されていた当時の資料も数多く残っているほか、初代坂東彦五郎が一座を作ったことで脈々と伝統が引き継がれてきました。映画やテレビなど娯楽の多様化により一時は衰退しましたが、地芝居を行っていた人々が集まり小鹿野歌舞伎保存会を結成したことによって伝統は守られました。埼玉県無形民俗文化財にも指定され、6つの土地に継承され神社の祭に演じられています。町内には常設舞台が10か所ほど残っており、こども歌舞伎や高校生歌舞伎や奈倉女歌舞伎などの活躍がみられます。これらの試みは衣装から振付まで全て町民で行っており、伝統を形にとらわれず継承しています。毎年11月の第3土曜日、日曜日には歌舞伎・伝統芸能祭が開催され、郷土伝統芸能が一堂に会して鑑賞をすることができます。周りでは歌舞伎横丁と称した地元グルメのブースや地場物産販売も行われ、町の一大イベントとなっています。

小鹿野町がおすすめする人気の特産品・返礼品

鹿野町のふるさと納税の返礼品は、自然豊かな土地を利用したものが多くあります。特産品でもあるこんにゃくを使用した「ふるさと両神こんにゃく惣菜セット」などがありますが、なかでも「豚肉味噌漬」は特に人気のある商品です。秩父山間部で猟師が野生動物を獲り、その肉の保存方法で味噌漬けにしたことが始まりだと言われています。他にも大自然で育った野生のしかを狩猟して加工した「ちちぶのじかセット」もおすすめです。農作物被害のため、有害鳥獣として駆除対象となったしかを処分にすることなく命を粗末にしない精神で素材に使用しています。

小鹿野町のふるさと応援寄附金の使い道

「日本百名山」である両神山をはじめ、日本一の筋分草の自生地、「日本の滝百選」の丸神の滝など小鹿野町を構成している自然や里山はわたしたちの誇りです。皆さまから頂いた寄付金は、これらの環境とともに自立したまちづくりを目指した事業に活用させて頂きます。生活環境の整備や子育て支援に関する事業のほか、健康と福祉における町づくり、小鹿野町を担っていく人づくり、活気にあふれた産業づくりなどに関する事業が対象となっています。

埼玉県 小鹿野町の返礼品ページ

埼玉県 小鹿野町のホームページ
http://www.town.ogano.lg.jp/index.html

SNSでもご購読できます。