埼玉県 新座市のふるさと納税のご紹介

 

埼玉県 新座市のご紹介

新座市は、埼玉県最南端にあり、人口約163,000人の熊谷市に次いで県内10位の市です。西東京市からの路線バスがあったり、東京都に隣接したりしていることから、アクセスしやすく、ベッドタウンとして発展し続けています。また、羽田空港や成田空港までのアクセスも便利な立地です。おすすめの観光スポットには、1375年に創設された「平林寺」です。一周するのに1時間はかかるほどの広さの境内林は国の天然記念物にも指定されており、紅葉の季節は多くの観光客でにぎわいます。また、玉川上水から新座まで24㎞も続く「野火止用水」も遊歩道が確保されており、季節ごとにさまざまな景色が楽しめます。桜見物には多くの方が訪れる場所です。入園無料で、ダチョウやうさぎなどと触れ合える施設「だちょう牧場並木屋」も家族でのレジャーにおすすめです。特産品には、ブドウがあります。市内に8園ものブドウ園があり、巨峰をはじめブドウ狩り体験も楽しめます。また水はけのよい土壌を生かした根菜の生産されており、にんじんの生産が盛んです。地元の名物料理として「にんじんうどん」があり、ペースト状のにんじんを練りこんだ小麦粉でつくった、ほんのりオレンジ色のうどんがあります。にんじんが苦手な方でも食べやすいコシのある麺で、B級グルメとして人気があります。うどんに限らず、かき揚げや焼き菓子などにも使われています。伝統工芸品には、縁起物として作られている「熊手」や年末の風物詩「羽子板」などがあります。

新座市がおすすめする人気の特産品・返礼品

新座市のふるさと納税返礼品としておすすめなのは、市内の深井戸水を使用して作られたお酒です。原材料にもこだわり、新座ならではの仕上がりが自慢です。特産品のにんじんを使った名物「にんじんうどん」が入った旬の野菜セットもおすすめです。にんじんうどんは新座ブランドにも認定されており、ほのかなにんじんの香りと甘さが癖になるおいしさです。ごぼううどんもあります。そのほか同じく新座ブランドに認定されている和菓子「爾比久良」や「囃子」もあり、地元の方からも人気の銘菓です。

新座市のふるさと応援寄附金の使い道

埼玉県新座市へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、田舎の居心地のよさと都会の便利さを持ち合わせたまちとして、地域福祉活動の推進事業、障がい者や高齢者の交流事業を生活福祉課が、市内の緑地保全、緑化の推進などのみどりのまちづくりをみどりと公園課が、青少年の健全育成事業などを生涯学習スポーツ課が、目的に応じて基金として積み立てたうえで活用しています。寄付者による使用目的の指定がない場合は、市政の全般事業に活用します。

埼玉県 新座市の返礼品ページ

埼玉県 新座市のホームページ
https://www.city.niiza.lg.jp/soshiki/7/kifu.html

SNSでもご購読できます。