埼玉県 皆野町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

埼玉県 皆野町のご紹介

皆野町は、埼玉県北西部に位置する人口約9,800人のまちで、四方を山々に囲まれた自然豊かな地域となっています。東京都心から車や電車で2時間ほどとアクセスもしやすいため、最近では都心から訪れるハイキング客や登山客にも人気の場所となっています。また、埼玉県を代表する民謡『秩父音頭』の発祥のまちとしても知られる皆野町では、毎年8月14日に「秩父音頭まつり」が開催されています。秩父音頭まつりでは、毎年県内各地から70チーム、1,600人以上もの人が出場する『流し踊りコンクール』や、スターマインや尺玉が夏の夜空に打ち上がる花火などイベントも盛りだくさんとなっており、毎年多くの人が訪れる埼玉県を代表するお祭りのひとつとなっています。その他にも、春には桜やポピー・ヤマツツジ、初夏には蛍と四季を通じてさまざまな景色を楽しむことができる皆野町は県内有数の花の名所としても知られており、美の山公園では8,000本の桜や3,200本のアジサイ、秩父高原牧場では1,000万本ものポピーを見ることができ、最近ではSNSでも話題のスポットとなっています。また、荒川の激流を下るライン下りやラフティングをはじめ、水素イオン濃度9.5と国内でも有数のアルカリ温泉「満願の湯」や、獅子舞が無形民俗文化財に指定されている「椋神社」など、町内には貴重な文化や史跡、ジオパークスポットも数多くあり、観光やレジャーにもおすすめのまちとなっています。

皆野町がおすすめする人気の特産品・返礼品

『秩父の月』や『秩父すいーとぽてと』など、大正10年創業の老舗菓子店自慢の人気商品が食べ比べできる「秩父銘菓詰合せ」や、秩父地方の特産品『しゃくし菜』を漬けこんだ「ちちぶ菜漬」はご飯のお供にもぴったりで、地元の人を中心に人気の一品となっています。ほのかな香りとしゃきしゃきの食感が持ち味の「きのこの女王 舞茸美人」は、最近メディアでも取り上げられるようになっており、皆野町おすすめの返礼品となっています。

皆野町のふるさと応援寄附金の使い道

皆野町へふるさと納税として皆様から寄せられた寄附金は、皆野町のよりよいまちづくりを実現させる貴重な財源のひとつとして、『秩父音頭』等伝道芸能の伝承や普及をはじめ、農産物等の生産・開発や、自然エネルギーや自然素材の普及・開発、水源地の植林や育成等森林保護事業に、図書や教育資材の整備・充実・管理等人材育成に関する事業など5つの施策・事業にて有効に活用されますが、寄附金が使用される施策・事業については寄附者が選択することも可能です。

埼玉県 皆野町の返礼品ページ

埼玉県 皆野町のホームページ
http://www.town.minano.saitama.jp/