埼玉県 松伏町のふるさと納税のご紹介

 

埼玉県 松伏町のご紹介

埼玉県東南部に位置する松伏町は、都心から30kmほどの場所にあります。北は春日部市、東は千葉県野田市、南は吉川市、西は越谷市に接し、町内には江戸川と中川、大落古利根川の3本に囲まれ、自然豊かなまちとして子育てにも最適な環境となっています。松伏町には現在、県選定の重要遺跡が1件、県指定の文化財が4件、町指定の文化財が30件ありますが、中でも大川戸八幡神社の境内にあり県指定文化財にも選定されている『大川戸の大イチョウ』は樹高約29m、幹回り8.3m、樹齢約650年の巨木として長年地元の人に親しまれており、イチョウが黄色く色づく頃には県外からも大イチョウを一目見ようと多くの人が訪れています。また、多目的競技場や調整池などを備えた「松伏総合公園」には高さ18mのスペイン風の風車もあり、休日には子どもからお年寄りまで多くの市民が集う憩いの場となっていますが、松伏のシンボルである高さ18mの風車の屋上には展望台もあり、展望台からは町を一望することができます。そんな松伏町はプロゴルファーの石川遼選手をはじめ、バレーボール選手の石島雄介さんや将棋棋士の及川拓馬さん、作家で2015年に芥川賞を受賞した羽田圭介さんなど多くの著名人を輩出していますが、男子ツアー最年少優勝を果たした石川遼選手の出身地でもある松伏では、近年プロゴルファーを夢見る次世代の子どもたちの育成のためスナッグゴルフの振興にも力を入れており、今では子どもから大人まで楽しめるスポーツとして親しまれています。

松伏町がおすすめする人気の特産品・返礼品

松伏町には、まちの推奨特産品に指定されている商品も数多くありますが、中でも埼玉県産の地粉でつくった推奨特産品「もちもちうどん」と、埼玉県の自然豊かな農場で育った上質の合鴨を使用した鴨汁が一つになった「鴨汁うどん」は鴨、汁うどんを提供されているお店の中でも一番人気の一杯となっておりおすすめの商品となっています。また、「もちもちうどん」と同じくまちの推奨特産商品である「金杉糀屋の甘酒」や、米だけで造られた純米酒が楽しめる「まつぶし誉詰合せ」も人気がありおすすめの返礼品となっています。

松伏町のふるさと応援寄附金の使い道

皆様から頂いた寄附金は、松伏町のより魅力あるまちづくりを実現させるため、教育・子育て支援に関する施策をはじめ、住民参画やスポーツ活動等地域コミュニティに関する施策や、健康・福祉づくりに関する施策、産業振興に関する施策に、道路や公園等生活基盤整備に関する施策や、交通安全や防犯等生活環境の充実に関する施策、大規模災害対策に関する施策の6つの事業を中心に使用されます。なお、寄附金の使途にて特に指定がない場合は、行財政運営の充実に関する施策で活用されます。

埼玉県 松伏町の返礼品ページ

埼玉県 松伏町のホームページ
http://www.town.matsubushi.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

SNSでもご購読できます。