埼玉県 加須市のふるさと納税のご紹介

埼玉県 加須市のご紹介

埼玉県加須市は面積が133.30k㎡で、都心からは50㎞圏内、県内の東北部に位置しています。群馬県、茨木県及び栃木県に接していて関東のど真ん中になります。鉄道は東武鉄道が通っていて東武伊勢崎線に花崎駅と加須駅、東武日光線に新古川駅と柳生駅があります。市内には昔ながらの田園風景が見られ、2012年には全国水の郷百選に選ばれた宇野の里やラムサール条約湿地に認定された渡瀬遊水地など随所に自然豊かな景観を見ることが出来ます。その一方で、市内には関東三大不動尊の一つとして不動ヶ岡不動尊總願寺がある他、国の重要無形文化財になっている玉敷神社の神楽があるなど古き良き歴史と、緑と水にあふれる農村地帯と都市機能が集積する市街地がうまく調和しているのが加須市の特徴でもあります。加須市はこいのぼりの生産地としても有名でその生産量は日本有数の一つで市民が誇る特産品ともなっています。職人が手書きで製作するこいのぼりといのは全国でも少なく、手書きのこいのぼりが良いということが知れ渡り今では全国各地から注文が入るほどです。また、加須といえばうどんといっても良いくらい、おいしいうどんが食べられる地域でもあります。特徴として足ふみ、寝かせといった工程を通常の倍行うことによって生み出した、越しのある麺が食べた人の舌をうならせてくれます。夏は細うどん、冬はひもかわうどんと季節によっても太さを変えてその季節ならではのうどんの楽しみ方を各店が競っているため食べ比べを楽しんで頂くことも旅の楽しみになるのではないかと思います。

加須市がおすすめする人気の特産品・返礼品

市内にある商品や製品、農産物などをかぞブランドとして認定し、返礼品として皆様に選んでいただけるようにしました。かぞブランドの物は加須市が自信をもっておすすめした特産品ばかりです。是非お好きなものを選んでいただきたいと思います。香川県に次いでうどん県である埼玉が誇る手打ちうどんの詰め合わせは人気な商品の一つです。越しの強さが良く食べ応えのある絶品です。また地酒も多数あり、地元のお米生産者が心を込めて作り上げたお米を使い酒造釜屋によって仕上げました。中でもこいのぼり生酒は日本有数のこいのぼり産地である加須でこいのぼり職人である方のデッサンによって描かれたラベルとなっています。

加須市のふるさと応援寄附金の使い道

納税者の皆様からお寄せいただいた寄付金は下記の項目に活用させていただきます。納税者の方には下記項目より活用方法を選択して頂きたいと思います。1.快適な環境のまちづくりと豊かな自然に関する事業、2.芸術文化の振興に関する事業に活用、3.健康づくりの推進に活用、4.町おこしに関することへ活用、5.地域における安心なまちづくり及び保健福祉活動を推進する活動へ活用、6.教育が充実し豊かなまちづくりへ活用、7.地域医療体制の確保に活用の各項目へ活用させて頂きます。

埼玉県 加須市の返礼品ページ

埼玉県 加須市のホームページ
http://www.city.kazo.lg.jp