埼玉県 蓮田市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

埼玉県 蓮田市のご紹介

蓮田市は、埼玉県の中東部に位置する人口約62,000人のまちです。都心から40kmほどの場所にあり、近年は首都圏のベッドタウンにもなっている蓮田市ですが、市内には今なお豊かな自然が多く残されています。蓮田駅から徒歩10分ほどの場所にある「元荒川」の川岸は春になると満開の桜が咲き誇り、4月上旬に開催される『商工祭さくらまつり』では大勢の花見客で賑わっているほか、秋には「コスモスまつり」も開催されており、埼玉県内でも有数の桜やコスモスの名所として人気の場所となっています。また、釣りファンだけでなく最近はバードウォッチャーにも人気の沼地となっている「黒浜沼」には、野鳥をはじめ絶滅危惧種にも指定されている植物も自生しているなどたくさんの湿生植物が生息しており、貴重な自然を間近に体感することができるスポットとして近年注目を集めています。平成2年から始まった「はすだ市民まつり」では、蓮田音頭や鼓笛隊パレード、光のパレードなどさまざまなイベントが催されており、今では夏休み最後を飾るお祭りとして子供から大人まで多くの人で賑わうまちを代表するお祭りとなっています。その他にも、3万年以上も前から人が住んでいたとされる蓮田市内には住居跡や貝塚などの遺跡が現在も多く残っており、縄文時代前期の土器型式の「黒浜貝塚」は国の史跡にも指定されているほか、市内の高台には今なお中世の武士城館跡が残っているなど当時の人々の暮らしの跡をみることができます。

蓮田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

戦後日本で最初に純米酒造りに着手した、地元酒蔵・神亀酒造で2年以上熟成して造られた純米酒の呑みくらべセット「神亀純米・ひこ孫セット」は、返礼品の中でも人気の高い商品となっており日本酒好きにおすすめの商品となっています。果物の栽培も盛んな蓮田市では、埼玉県果実連合会会長特別賞を受賞した「キウイフルーツ」や、蓮田市を代表する特産品「日本梨 幸水」も甘みが強く、果汁もたっぷりで、品切れ必至の大人気商品となっています。

蓮田市のふるさと応援寄附金の使い道

蓮田市へ寄せられたふるさと納税の寄附金は、蓮田市の基本政策である自治会活動・NPO活動への支援等に関する事業をはじめ、自然環境保全等に関する事業や.防災対策・道路交通体系の整備等文化財の保全、スポーツ・文化の推進に関する事業に、教育環境の整備や子育て支援、医療・福祉に関する事業や産業・観光の振興に関する事業の6つの事業から寄附者が寄附金の使い道について選択頂き、選択された事業にて有効に活用されます。

埼玉県 蓮田市の返礼品ページ

埼玉県 蓮田市のホームページ
http://www.city.hasuda.saitama.jp/sesaku/shise/gaiyo/furusatonouzei/index.html