埼玉県 飯能市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

埼玉県 飯能市のご紹介

埼玉県の南西部に位置する飯能市は、面積193.05k㎡の人口約8万人の市であり、市内の7割が森林です。南東部の端に市街地が集中しており、周辺地の道路や鉄道の要所でもあります。中世から林業と織物の町として栄えてきました。気候は内陸型気候で穏やかですが、山岳地方は季節の気温差が激しく、降水量が埼玉県内で最も多い地域です。また都心への交通アクセスが約50キロ圏内でありながら、森林や清流に恵まれ自然豊かで、そのことを背景に豊かな森林との共生のよって文化や産業が生まれてきました。そのため、「森林文化都市」を宣言し、自然と調和した暮らしやすい街づくりに取り組んでいる都市です。最新の観光名所のとして2018年秋にムーミンの世界を再現したテーマパークが宮沢湖に開園すると発表され、本場のフィンランドにしかない「メッツァ」が日本にできます。同じく市内にトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園もあり、無料でムーミンの世界を楽しめる公園として大人気となっています。童話の世界にそのまま入り込んだような建造物があり、子供だけではなく大人も楽しめます。また軽いハイキングに適した天覧山や多峯主山は初日の出のスポットとしても有名です。森林豊かな飯能市は紅葉を見るにも美しい場所が東郷公園や名栗湖など随所にあります。そして名産品も多彩で、飯能の水はその清流から取水した軟水でやわらかな口当たりが特徴です。他にも狭山茶は日本三大銘茶で、飯能市も産地の一つとなっており、絶妙な甘みを含んだ風味を持っています。地酒は「天覧山」「喜八郎」などの銘柄がり、愛好家の間でも好評です。

飯能市がおすすめする人気の特産品・返礼品

大人気の返礼品は何といっても2018年にオープンするテーマパークのキャラクターであるムーミンのグッズです。テーマパーク建設に伴うインフラ整備に充てられるムーミン基金の返礼品でしか手に入れることができないグッズも多数あり、おすすめです。ここでしか手に入らないバッグやTシャツがあります。もちろんほかにもA、B4等級以上である常陸牛や花園牛のサーロインステーキやカレーや横浜スカーフの歴史ある美しいスカーフに特産品である西川材を使用した小物、岩井のごま油やタイヤ交換まで多彩なラインナップとなっています。

飯能市のふるさと応援寄附金の使い道

飯能市はふるさと納税について、去年より寄付金を用途の異なる四つの基金へ分けるなどしており、使い道を明確化することにより全国47都道府県からの寄付金の金額が1億円を超えています。「ムーミン基金」をはじめとし、「森林文化都市基金」「緑の基金」「文化スポーツ振興基金」の基金に分けることで寄付する人が使い道を選べるようになっています。特にテーマパーク建設にあたるインフラ整備などに使用されるムーミン基金は人気です。

埼玉県 飯能市の返礼品ページ

埼玉県 飯能市のホームページ
http://www.city.hanno.saitama.jp/0000006752.html