佐賀県 佐賀市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/17

佐賀県 佐賀市のご紹介

佐賀市は佐賀県の県庁所在地で、人口は235,000人ほどと県内最大です。市の北半分は起伏の激しい山地、南半分は平野の一部であり低平な地形です。2005年と2007年の合併で総面積431.84㎢となり、県内で唐津市に次ぐ2番目に大きい面積の市になっています。

佐賀市は農業や商業、観光のさかんな都市として発展してきています。気候は気温の上下幅が大きい傾向にあります。佐賀市は工業団地が多くあり、大手の九州グリコ・グリコ乳業や戸上電機製作所、味の素九州工場などが地場産業として工場を構えています。
また、たんすが主の家具産業も地場産業として多くの中小企業があります。

平野部にはクリークが多く点在しており、年中水を有していることからトンボやホタルなどが多くみられ、地域の自然の特徴として、観光にも活用されています。
中心部には街角の至る所に商売繁盛を願って設置されたとされる総数500体もの恵比寿像が点在しており、2004年から「恵比須八十八ヶ所巡り」などの観光資源にもなっています。

長崎市はシュガーロード沿いにあることで、砂糖をたっぷり使ったお菓子の文化あります。シュガーロードとは長崎街道のことで、江戸時代に砂糖を運ぶために作られた道で、ここから日本全国に砂糖を流通させていたという歴史があります。その道の宿場の一つが佐賀です。今なお南蛮渡来の香りを感じる数々の銘菓があり、長崎のカステラに対し、佐賀では「丸ぼうろ」という小麦粉と卵の素朴な味わいのお菓子が名物です。

佐賀市がおすすめする人気の特産品・返礼品

佐賀市ならではの特産品がたくさんふるさと納税返礼品として提供されています。
おすすめは、佐賀市でとれたお米「さがびより」です。佐賀市の清流と豊かな土壌で育ったお米で、つぶが大きめでもちもち食感が人気です。土壌づくりや減農薬にこだわって作られた本物の味わいです。
また、佐賀は日本一の海苔産地です。有明海産の上等な海苔はいろんな料理に使えて個包装や保存がきくこともあって人気です。
「丸ぼうろ」をはじめとした銘菓もたくさんあり、佐賀の名物を楽しめます。

佐賀市のふるさと応援寄附金の使い道

佐賀市へのふるさと納税寄附金は、地域資源を活用したまちづくり事業として、世界大会なども行われる「バルーン大会」、「マラソン大会」、温泉と映画に浸れる「古湯映画祭」、「みつせ高原キャンペーン」「花しょうぶ園」などの費用に充てたり、子どもの教育環境の充実のため図書館書籍や学校活動の充実のための費用、恵まれた自然の保護事業として、桜並木や干潟の保全活動費用、伝統文化の継承、歴史遺産の保全のための費用、市民活動の応援費用などの佐賀市が取り組みたいと考えている事業に活用されています。指定がない場合はおまかせとなります。

佐賀県 佐賀市の返礼品ページ

佐賀県 佐賀市のホームページ
https://www.city.saga.lg.jp/main/302.html