佐賀県 伊万里市のふるさと納税のご紹介

 

佐賀県 伊万里市のご紹介

佐賀県伊万里市は、北部九州の西側に位置していて約6万人の人が住んでいます。昔は、石炭産業全盛期のときに石炭の積港として栄えました。現在は、伊万里湾の総合開発を軸として臨海工業団地を始めIC関連産業、木材の関係産業などの集積として、工業港として栄えています。

鍋島藩窯の歴史と伝統が築いてきた陶磁文化や自然がもたらしてくれた美味しい特産物がたくさんあります。陶磁は、有名な「伊万里焼き」江戸時代に佐賀鍋島藩が生みだし、技法を守るために市販されずに将軍や諸大名への献上品として用いられていた陶磁です。
自然豊かな場所で人によって丹精に育てられた「伊万里牛」は、肉質はキメ細やかで柔らかく上品な脂が特徴です。街中にもステーキ街道があるほど伊万里牛のステーキを堪能することができる名店が軒を連ねています。

フルーツの里としても有名で「梨」と「ぶどう」は、西日本で1番の生産量を誇っています。梨をぶどうのシーズンになると主要道路沿いに採れたてのフルーツが並ぶ直営店が出店されます。
ほかにも佐賀県が開発した「さがほのか」は、糖度が高く酸味が少なく、綺麗な光沢と形にパティシエからも好評です。いちごの時期には、いちごハウスの中が甘い香に包まれているといいます。

陶磁が有名なのでろくろ体験などを受けることができ、子供の創造体験にぴったりで家族全員で楽しむことができます。
食べ物が新鮮で美味しく、食料品も安く買えて自然豊かな町は子供をのびのびと安心して育てられると好評で、子育て世代におすすめの地域でもあります。

伊万里市がおすすめする人気の特産品・返礼品

佐賀県伊万里市の自然の入り江と島を利用して育てられた「活車エビ」は返礼品の中で人気です。活きている車エビは、生のままお刺身として食べられるほど新鮮です。
春の旬の果物で佐賀県が生んだ特産品「さがほのか」は、糖度が高く酸味が抑えられて口の中に広がる果汁がとても美味しいと人気です。
利用した人が口を揃えて美味しいと言いわれておすすめなのが「伊万里牛」で、丹精こめられて育てられており、食べたときの美味しさと風味は抜群です。ステーキやしゃぶしゃぶ、焼肉どんな調理法でも美味しくいただくことができますよ。

伊万里市のふるさと応援寄附金の使い道

いただいたふるさと納税の寄附金は、1、伊万里市の町の活気づくりに役立てます。2、地域資源を生かした町つくりをします。3、子育てのしやすい町つくり。4、安心できるのまちづくり。5、文化と歴史を体験できる施設を整えます。6、スポーツ施設の整備に使途されています。最近は、国の天然記念物の伊万里湾カブトガニ繁殖地でカブトガニの保護をするために自然環境の保全に使われ、子供の医療費の助成の拡大をふるさと納税の寄附金を使って実現しています。

佐賀県 伊万里市の返礼品ページ

佐賀県 伊万里市のホームページ
http://www.city.imari.saga.jp/3214.htm

SNSでもご購読できます。