大阪府 豊中市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大阪府 豊中市のご紹介

豊中市は豊能地域に位置する市であり、2001年4月1日に地方分権一括法によって特例市に指定され、2012年4月1日には中核市に移行した中核市・保健所政令市になっています。
地形は、北部が高く、南部に行くほど低地になっています。千里ニュータウンの開発が進み急激に人口が増加しており約40万人となっています。
大阪都心から近い利点もあり、北東部の新千里地区を中心に衛星都市・ベッドタウンになっています。
大阪国際空港周辺を除き、ほぼ市街化しており、大阪府営の服部緑地が貴重な緑を提供しています。

産業としては、商業、サービス業を中心として発展してきています。
現在では、マンションの建設が増え、人口も就業者数も安定からやや減少傾向です。
阪神間の工業地帯に隣接しており、交通の便など立地条件が良いことから、南部には製造業も集積しています。

観光スポットとしては、大阪府を代表する緑地の一つである服部緑地があります。(正式名称は大阪府営服部緑地)また、万葉集でも歌われた里山で、千里丘陵で一番高い場所の島熊山があります。
大阪国際空港は、池田市や兵庫県伊丹市とともにまたがっている会社管理空港です。大阪空港もしくは伊丹空港とも呼ばれています。かつては国際空港でしたが、今は国内線の拠点空港として運用されています。
1974年11月に沖縄市と兄弟都市提携を結んでおり、また1963年10月にアメリカカリフォルニア州サンマテオ市と姉妹都市提携を結んでいます。

豊中市がおすすめする人気の特産品・返礼品

豊中市の返礼品として、「高校野球発祥の地記念切手」は大正4年頃に開かれた夏の全国高等学校野球選手権大会の様子や平成29年4月にリニューアルした高校野球発祥の地記念公園の写真10枚をデザインしてあり、おすすめです。
「高校野球発祥の地記念ボール」は、実際に全国高校野球選手権大会で使用されている球と同じものです。
「障害者手作りの豊中市オリジナル授産製品ブックカバー」は、市内の授産施設で協働して作成した特産品で、人気の返礼品です。

豊中市のふるさと応援寄附金の使い道

大阪府豊中市に頂いた寄付金は、公園や道路といった施設や公共的施設の整備、経済的理由のため修学が困難な生徒への奨学金としての活用、福祉にかかわる施設の整備、緑を守り育てる環境整備、子供の教育などの施設や備品購入のための活用、地球温暖化のための省エネ活動、スポーツ活動の推進や施設整備、救命救急体制の推進といったテーマの中から寄付者に使い道を選んで頂くようになっています。特に指定がない場合は必要な事業に使われます。

大阪府 豊中市の返礼品ページ

大阪府 豊中市のホームページ
http://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/furusato/furusatogaiyo.html

SNSでもご購読できます。