大阪府 高石市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

大阪府 高石市のご紹介

高石市は大阪府の中南部、泉北地域にある人口が約56,500人の市です。隣接する自治体には堺市や和泉市、泉大津市があります。市の西側は大阪湾に面しています。大阪府内では2番目に面積が小さい市となっています。市内には芦田川と玉子川が流れています。市へのアクセスは南海本線とJR阪和線の2つの路線が走っています。市内の駅は羽衣、高石と富木の3駅があります。大阪市の中心部には20分ほどで到着します。車でのアクセスは阪神高速4号湾岸線を利用します。上りの出口は浜寺出入口、下りの出口には高石出入口があります。また、阪神高速4号湾岸線の助松ジャンクションからもアクセスすることができます。大阪湾に面しているので船でのアクセスも可能です。堺泉北港や高石漁港があります。市内の観光スポットは浜寺公園交通遊園がお子様連れのご家庭に人気となっています。明治6年に松林やばら農園が作られて以来その美しさで観光客の心を魅了しています。交通遊園では鉄道ファンにはとても懐かしい、阪堺電軌130号そしてデゴイチという名前で親しまれている貨物用蒸気機関車が展示されています。園内にはゴーカートなども走っていて小さい子どもでも楽しむことができます。高石市の特産品には貝細工や水ナスなどがあります。また、市制50周年の記念に作られた高石かるたも人気となっていて市のことがたくさん描かれていてかるたを行いながら高石のことを知ることができます。

高石市がおすすめする人気の特産品・返礼品

高石市の返礼品は、特産品でもある大阪で生み出された職人さんが一つ一つ丁寧に手で染め上げる注染という名前の技法で作り上げた手拭いがおすすめとなっています。洗うたびに色合いが少しずつ変化していき柔らかさを増します。また肌触りも洗うたびに良くなっていきます。他にも、高石のことがとてもよく分かる内容になっている高石かるたが人気となっています。市制50周年を記念して作成されたもので高石市の歴史などを知ることができます。また大阪産の名品にも選ばれた特選利休の詩という抹茶を使用して作ったアメや抹茶きなこ大福のセットなどもあります。

高石市のふるさと応援寄附金の使い道

高石市のふるさと応援寄付金は、希望する分野に自分で寄付金の使い道を選択できるようになっています。市民の福祉、高齢者施設や障がい者施設などの向上のための事業、保健医療を充実させるための事業、公共施設や学校、教育の施設を整備するための事業、高石市内にある緑を増やしていく、また今ある自然を守っていくための事業、大学や高等学校への奨学金活用、そして市民文化を育成する事業、スポーツや国際交流を振興するための事業などがあります。

大阪府 高石市の返礼品ページ

大阪府 高石市のホームページ
http://www.city.takaishi.lg.jp/kakuka/seisakusuishin/sogoseisaku_ka/hurusato/syareihin.html