大阪府 忠岡町のふるさと納税のご紹介

大阪府 忠岡町のご紹介

大阪府忠岡町は、泉北郡に属する人口約1万7千人の町です。町の総面積が3.97k㎡と日本一小さい町として知られています。大阪湾に面する北西から内陸の南東にかけて細長く伸びており、その全域が市街地化されており住宅街が広がっています。忠岡町の海に面した地域では漁業、内陸では農業が行われています。忠岡漁港で水揚げされる海の幸の中でも特にワタリガニは泉州の伝統的食材として有名です。ワタリガニは甘みがあり芳醇な味わいが特徴で、オスは10~12月の特に身が締まっており、メスは1~3月の産卵時期に卵がつまっていて最も美味しい食べ頃の時期です。農業では関西地方の伝統的食材である葉ごぼうの産地で2月~4月に出荷されています。町を代表するイベントとして、毎年10月に行われる忠岡だんぢり祭があり、全国的に有名な岸和田と同じ型の「下だんぢり」が町内の生之町・道之町・濱之町・仲之町にそれぞれ4基あり、大勢の曳き手が駆け足で町内を練りまわる様子は勇敢で迫力があります。毎年8月13日には忠岡小学校から墓地まで100もの夜店が立ち並ぶ墓店があり、お盆の風物詩となっています。昔から夜に灯篭を持って家族で墓参りにいく習慣から生まれたとされています。また、創始者である正木孝之が収集していた東洋美術品と土地建物の寄附による正木美術館には、国宝3件と重要文化財13件を含めた1300件が収蔵されており、中世の禅宗文化を表す水墨画や茶道具を中心として歴史的に貴重な作品を多く鑑賞することができます。

忠岡町がおすすめする人気の特産品・返礼品

忠岡町の人気の返礼品として、忠岡漁業協同組合で甘辛く炊いた手作りのイカナゴ釘煮があり、毎年春先に1ヶ月間のみ行われるイカナゴ漁で獲れた新鮮なイカナゴが使われています。また、大阪泉州沖で獲れた新鮮なしらすを加工したシラスちりめんなどがあります。泉州の特産品である水なすもおすすめで、水分を多く含んでアクが少なく柔らかいのでサラダにもぴったりです。地元でお菓子教室を開いている菓子工房のんのん屋が特別に焼き上げたオーガニックや無添加にこだわったグラノーラやシュトーレンなどもおすすめです。

忠岡町のふるさと応援寄附金の使い道

忠岡町に対する応援寄付金は、忠岡町を元気にするためのまちづくりに活かされており、次の3つの事業から使い道を選んでいただけます。1、住民が健康で安心して住める環境を作るための福祉の充実に関する事業に活用します。2、忠岡町の将来を見据え、公共設備の利用需要の変化に合わせた統廃合や更新等、公共インフラ整備事業を行います3、上記以外の町の施策全般に活用し、希望・夢・感動溢れるまちづくりに力を入れていきます。

大阪府 忠岡町の返礼品ページ

大阪府 忠岡町のホームページ
https://www.town.tadaoka.osaka.jp/