大阪府 泉南市のふるさと納税のご紹介

 

大阪府 泉南市のご紹介

泉南市は、大阪府泉南地域に位置し、関西国際空港の一部も市域となっている人口約6万人の市です。北西部は大阪湾に面し、南東は和泉山脈を境に和歌山県の川市や岩出市と面しています。北東は大阪府内の田尻町、泉佐野市、南西は阪南市にそれぞれ隣接しています。気候は瀬戸内気候で、気温も年間平均15℃と過ごしやすく、降水量も少なめで農業に最適です。そんな泉南市で江戸時代の初期より栽培されている水なすは皮も柔らかくて水分を多く含み、農作業の合間に手で絞っては喉の渇きを潤していたといわれることから「水なす」と呼ばれています。鮮やかな紫色で皮のツヤが美しいなすですが、傷つきやすく輸送に手間が掛かるため、泉州地域のみで食べられていましたが、現在は各地で需要が伸びています。その水なすを使った浅漬けやじゃこごうこは郷土料理です。他にもさといも、花、エコ作業手袋などがあります。またアナゴを中心にイワシやカライ、ヒラメなど100種類以上の魚介類の水揚げがされています。特にアナゴの水揚げ量は全国でも有数で大阪湾の魚として知られています。岡田浦漁港では地引き綱体験、クルージングやバーベキューなどもできます。海水浴場も、マーブルビーチという恋人の聖地として大阪府内で初めて認定を受けた美しい海水浴場があります。また毎年10月始めに市内各地で郷土の伝統芸能である地車(やぐら)の曳行が行われ、秋の豊作を祝うというものです。その勇壮な姿に観客から大歓声が起こります。だんじりとは違った泉州の南部独特の秋祭りを一度ぜひご覧下さい。

泉南市がおすすめする人気の特産品・返礼品

泉南市のおすすめの返礼品は地域創生事業である泉南あなご養殖プロジェクトによる泉南あなごです。こちらは大人気で、約一ヶ月で品切れとなってしまったため、前年度より2倍の出荷数を目指して取り組んでいます。岡田浦漁業組合、近畿大学水産研究所、泉南市が一丸となって産官学連携により、あなご養殖事業を展開しているものです。他にも特産品である美しい花々をアレンジメントや造林の木から作られた木製のおもちゃや家具に泉州タオルもあります。面白いものでは関西国際空港の機内食を作る部門が泉南市内にあることから、機内食の食事ペアチケットなどもあります。

泉南市のふるさと応援寄附金の使い道

泉南市の応援寄付金の使い途は、14もの項目から選ぶことができます。1市長におまかせ 2人権平和推進事業 3子供の教育環境向上事業 4歴史の魅力溢れるまちづくり事業 5子育て支援事業 6みんなの健康事業 7福祉支援事業 8観光とまちづくり事業 9安全安心のまちづくり事業 10雇用促進事業 11環境保全とエコ推進事業 12住みよい暮らしづくりプロジェクト 13市民協働のまち推進事業 14行政運営改善プロジェクト 以上の14の項目があります。

大阪府 泉南市の返礼品ページ

大阪府 泉南市のホームページ
http://www.city.sennan.lg.jp/shisei/annai/furusato/index.html

SNSでもご購読できます。