大阪府 能勢町のふるさと納税のご紹介

大阪府 能勢町のご紹介

能勢町は大阪府の最北端に位置しており、町内は自然豊かで山林や田畑が多く、訪れた人からは大阪の軽井沢、大阪の北海道など、のどかな町並みからそう表現されることもあるようです。縄文時代には人が住んでいたとされ、たくさんの歴史が残っています。町内全域が標高200m以上の地帯で、高いところでは標高500mになるところもあります。夏は涼しいのですが、冬は氷点下まで下がり冷え込む事が多いです。アクセス方法は、能勢電鉄の山下、妙見口です。大阪から電車、バスを乗り継いで80分ほどでつきます。鉄道駅からは距離があるため、町民の移動手段は、自動車、オートバイ、路線バスとなっています。特産品、名産品は、秋鹿という日本酒が名産品です。そして、でっちようかんも有名です。また、自然豊かな土地なので農産物も多く作られており、道の駅の能勢町観光物産センターには直売所も設けられており、地元の農家さんが丹精込めて作った新鮮な農産物を購入することができます。また、地元の農産品を使った食事処もあり、身も心も満足できるようなところです。観光名所は、国の選択無形民俗文化財に指定されている、能勢の浄瑠璃などあります。その場所を、自転車を借りて町内散策することもできます。そして、古い歴史のある能勢町には、数多くの文化財が残っています。野間の大ケヤキや、歌垣山、また、寺院もたくさんあります。騒がしい日常を忘れさせてくれるような静かなところなので、ぜひ一度訪れてみてください。

能勢町がおすすめする人気の特産品・返礼品

能勢町の返礼品には、特産品や名産品を使ったものが数多くあります。いくつか挙げていくと、能勢町で作られた野菜の詰め合わせや、能勢牛を使ったコロッケ、ミンチカツ、ハンバーグの詰め合わせ、能勢のお米、能勢名物でっちようかんなどありますが、その中でもおすすめは、秋鹿酒造が作る日本酒秋鹿のお酒が人気となっています。能勢ソーダとジンジャエールのセットも人気があります。また、期間限定品などもでていることがあります。

能勢町のふるさと応援寄附金の使い道

能勢町にいただいた寄付金の使い道についてですが、使い道を選択することができます。能勢町の産業振興に関する事業、文化や観光振興に関する事業、豊かな環境の保全に関する事業、教育の充実に関する事業、地域福祉の充実に関する事業、1.福祉の充実2.医療の充実・介護予防・健康3.子ども・子育て支援などに活用されます。また、各事業の指定をしないで、寄付を出すこともできます。その際は、町が責任をもって各事業に活用していきます。

大阪府 能勢町の返礼品ページ

大阪府 能勢町のホームページ
http://www.town.nose.osaka.jp/chosei/oshirase/soumu/2105.html