大阪府 寝屋川市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

大阪府 寝屋川市のご紹介

大阪府の東北部に寝屋川市はあります。大阪市の中心部から15キロメートルのところにあり、人口は24万人ほどの人が住んでいます。御伽草子の「鉢かづき」の主人公の父(藤原実高)が、高野街道を行く旅人に別荘を宿として提供し「寝屋」と呼ばれたことから寝屋川といわれた由来とされています。小売業を中心として栄えた都市で、ゴマの日本シェア1位「カタギ食品」や大葉の生産が日本のシェア3位と食卓に欠かせないものの生産もしています。特産品は、「甘藷」と言われる芋が有名です。古くから作られていて「寝屋の芋」と言われるほど高値での取引が行われていたそうです。今は、観光として芋ほりができ、9月から11月までできるので家族で楽しむことができます。ほかにも温州みかんジュース「鉢かづき姫」は、温州みかんの中身だけをしぼった果汁100%の贅沢なジュースで、子供でも安心して飲むことができる一品です。「大葉の里」は、打上地方で大葉の栽培が盛んに行われており、その大葉を使用して作られたゼリーです。風味豊かで見た目も爽やかなゼリーです。観光としても楽しむことができて、「成田山不動尊」は、千葉県にある「成田山新勝寺」の大阪別院として建立された寺で交通安全にご利益があると言われています。節分の時期には、芸能人が訪れて豆まきをするほど有名な場所です。「寝屋川公園」は、緑豊かな府営の公園で、家族でピクニックなど楽しむことができるほかに「寝屋川古墳」や「鉢かづき姫」の屋敷跡があってめぐることもできます。

寝屋川市がおすすめする人気の特産品・返礼品

大阪府寝屋川市のふるさと納税の返礼品のおすすめの特産品は、「鉢かづき姫温州みかん100%ジュース」です。このジュースは、温州みかんの中身の甘い部分だけをしぼっているのでとても甘く濃厚な味わいを堪能できます。果汁100%なので子供に安心して飲ませることができる点でも人気です。「寝屋川銘菓詰め合わせ」は、甘いものが好きな人は好きなセットで甘藷を使った饅頭や「鉢かづきちゃん物語」という銘菓など楽しむことができるのです。お米も美味しく「特別栽培コシヒカリ」は、農薬を化学肥料の使用を標準の半分以下に抑えて育てられたこだわりのあるお米です。

寝屋川市のふるさと応援寄附金の使い道

みなさまからいただいたふるさと納税の寄付金は、たくさんの事業で活用させていただきます。寝屋川市の教育や福祉の充実、環境保全事業など住民への還元を行っています。姉妹都市との国際交流も行っていてその際にかかる費用にもあてています。まちの魅力を伝えるために寝屋川サクラ☆プロジェクトに活用していて綺麗なさくらをたくさんの人に届けています。ほかにも、どんな子供でも将来の夢を持って生きてほしいという願いから交通遺児たちへの激励でも寄付金を活用しております。

大阪府 寝屋川市の返礼品ページ

大阪府 寝屋川市のホームページ
http://www.city.neyagawa.osaka.jp/organization_list/keieikikaku/kikakuseisaku/kifukin/1379041833703.html