大阪府 泉大津市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大阪府 泉大津市のご紹介

泉大津市は大阪府の南部に位置する市です。歴史は古く、奈良時代には国の役所の外港として交通の要でもありました。「小津の松原」、「小津の泊」、「大津の浦」など、紀行や随筆の中では名勝の地としても登場しています。明治時代より周辺町村が合併を繰り返し、昭和17年に市制の施行と改称で現在の市名となりました。市制当時は人口3万人ほどでしたが、現在はおよそ7万5千人の人たちが泉大津市で暮らしています。阪神高速や南海電気鉄道、南海電鉄空港線を利用したアクセス環境も整っています。また、泉大津は織物産業が盛んなまちとして有名です。「毛布王国」、「日本一の毛布のまち」とうたっているのは大袈裟な表現ではなく、国内で生産されている毛布の約9割は泉大津、もしくは近隣の地域で生み出されています。もともと泉大津を含む泉州は全国でも有数の綿作地であり、1785年以降には合併前の大津村において綿の生産だけではなく加工や商いも始められていました。日本初となる毛布も、明治20年に泉大津で生み出されたものです。当時は牛毛で作られており到底舶来物に敵うものではありませんでしたが、理想の毛布を目指してその後も新たな技術が次々と考案され、毛布産業のさらなる発展にも貢献することとなりました。戦後にはニット産業も急速に成長し、現在では毛布と並んで泉大津の特産品となっています。アパレル業界からの信頼も厚い国内でも有数のニット産地として、今後も企画から開発に至るまで大きな注目を浴びている産業です。

泉大津市がおすすめする人気の特産品・返礼品

織物産業が盛んな町である大阪府泉大津市の特産品は毛布、ニットなどの繊維製品です。なかでも「シルクリビングケット(毛布部分)」は「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」のまちの逸品部門にて優秀賞の受賞経験もあり、抜群の肌触りと暖かさでおすすめの返礼品となっています。他にもウールを贅沢に使用したソックスやひざ掛け、カシミヤ100%のセーターやマフラーセットなど、カジュアルで使いやすいデザインと暖かさが特徴的な返礼品も人気です。

泉大津市のふるさと応援寄附金の使い道

泉大津市では、皆様から頂いた寄付金を指定していただいた対象事業に活用させていただきます。子育て支援、教育推進、地域経済や文化、スポーツにおける振興、シティプロモーション、高齢者や障がい者への福祉、公園整備や自然環境の保護に関する事業のほか、「泉大津市がんばろう基金」の活用に関する事業や平成26年に開始した「セーフコミュニティ」活動の支援を行う事業、安心して分娩し子どもを育てていくことができるまちづくり事業などが活用の対象となっております。

大阪府 泉大津市の返礼品ページ

大阪府 泉大津市のホームページ
http://www.city.izumiotsu.lg.jp/topics/1340152789531.html

SNSでもご購読できます。