沖縄県 南城市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

沖縄県 南城市のご紹介

沖縄県南城市は沖縄本島の南部に位置し、市の南東部は中城湾と太平洋に面し、北部は与那原町、西部は南風原町および八重瀬町と接しています。また本島部分以外に、「神の島」と呼ばれ琉球民族発祥の地とされている久高島と奥武島も南城市に属しています。

市の大きさは東西に18キロメートル、南北に8キロメートル、総面積は49.7キロ平米となっており、緑豊かな街です。市の人口はおよそ4万人で沖縄県内11市中最も人口の少ない街です。沖縄の県庁所在地である那覇市までは12キロメートルと近く、空の玄関口である那覇空港からは車で40分圏内と交通の便がとても良いです。

街の主な産業は農業と観光業となっています。世界遺産である琉球王国のグスクと関連遺産群に属している「斎場御嶽」があり、パワースポットとして日本国内だけでなく国外からも多くの観光客が訪れています。沖縄県の初代統一王である「尚巴志」の出生地として知られ、沖縄の歴史や文化、信仰の原点と言われており、市内には数多くの文化的歴史的な遺産があります。

他にも神々に近い場所ということから理想郷という意味の言葉「ニライカナイ」と呼ばれる橋が有名な観光スポットになっています。橋の上にある展望台からは久高島や美しい海岸線を見ることが出来ます。さらにサンゴ礁が見られる透明度の高い海として「あざまサンサンビーチ」は有名で、海水浴だけでなくマリンスポーツやバーベキューなどを楽しむことが出来ます。

南城市がおすすめする人気の特産品・返礼品

南城市の特産品の一つである「沖縄あぐー」は沖縄県を代表するブランド豚で、霜降りで甘みのある肉質が特徴的です。ふるさと納税返礼品としてこの「沖縄あぐー」の「ヒレ&ロースとんかつ用スライスセット」や「ポン酢付きしゃぶしゃぶ人気のロース、バラ肉セット」などが人気です。また南城市産の牛乳や島豆腐、チーズを使用した「南城食材の沖縄ジェラート」もおすすめです。他にも「神の島」と言われている久高島の貴重な「久高島の塩4点セット」も返礼品としておすすめです。

南城市のふるさと応援寄附金の使い道

南城市では街の環境保全や人材育成、福祉の充実などに重点を置き、寄せられた寄附金を活用しています。
具体的には、1.観光業を盛り上げるため、市内で開催される各種イベントを支援するための事業、2.国内外で活躍できる人材の育成や交流の促進に関する事業、3.サンゴ礁の保護をはじめ、豊かな自然環境を保全するための事業、4.世界遺産「斎場御嶽」や神の島「久高島」など歴史的文化的遺産の保全や活用に関する事業、5.高齢者や障がい者の福祉の充実や市民の健康増進のための事業が挙げられます。

沖縄県 南城市の返礼品ページ

沖縄県 南城市のホームページ
http://www.city.nanjo.okinawa.jp/2/index.html