沖縄県 国頭村のふるさと納税のご紹介

沖縄県 国頭村のご紹介

国頭村は、沖縄県本島の北端にある村で、名護市から30㎞ほど、那覇市から100㎞ほどの場所に村役場があります。村の95%は森林で、ヤンバルクイナやヤンバルテナガコガネ、ノグチゲラなどの貴重な動物がいることでも知られています。村の中央部には、島の最高峰「与那覇岳」をはじめ、伊湯岳や西銘岳などの山々が縦走していて、それらを分水嶺として大小30余りの川が流れています。亜熱帯の自然と触れ合える「大石林山」には4つの散策コースがあり、トレッキングやキャンプ、自然体験などに多くの観光客が訪れます。雄大な自然を体感できる「辺戸岬」では沖合からの荒波やサンゴ礁の断崖絶壁、与論島や沖永良部島を眺められる景勝地として写真家にも人気のスポットです。国頭村の夏を彩る広大な「パイナップル畑」は沖縄ならではののどかな風景です。特産品には「お茶」があります。日本一早く飲める新茶「おくみどり」とシナモンの香りが特徴の「からぎちゃ」は沖縄を代表するお茶として有名です。清らかな水と温度差の激しい丘陵地、国頭マージという酸性の土壌はお茶づくりに最適な地です。村のケーキ屋さんが協力し合って開発した「クニガミドーナツ」は村認定のスイーツです。保存料や添加物を一切使わず、卵や牛乳、動物油脂も使わない手作りドーナツで、沖縄の素材にこだわって作られた人気のドーナツです。特産のパイナップルを使った廃棄ゼロ運動が行われており、果肉だけでなく、果皮や芯も無駄なく使われています。

国頭村がおすすめする人気の特産品・返礼品

沖縄県国頭村のふるさと納税返礼品には、沖縄ならではの品が豊富にそろっています。おすすめは、村で生産された特産品の「マンゴー」です。甘みと酸味のバランスがよく、贈答用としても人気があります。また、温暖な気候と広大な大自然の三愛牧場で育った「くんじゃん豚」の豚肉も人気があります。くんじゃんとは国頭のことで、徹底したこだわりの餌と広々とした環境でストレスなく育っているので、柔らかく上質な肉質、光沢のある桜色、味わいのある甘みが特長です。

国頭村のふるさと応援寄附金の使い道

沖縄県国頭村へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、村を応援してくださる寄付者の思いを反映するため、「森と水とやすらぎの里“くにがみ”」を合言葉に、未来を担う子どもたちのための教育に関する事業、村の人々が健康に暮らすための福祉に関する事業、村に伝わる文化の継承、ヤンバルクイナやノグチゲラなどの希少動植物の保護、大石林山などの自然環境の保護に関する事業、そのほか、国頭村をよりよくするための事業などに活用されています。

沖縄県 国頭村の返礼品ページ

沖縄県 国頭村のホームページ
http://furusato-kunigami.jp/