沖縄県 久米島町のふるさと納税のご紹介

 

沖縄県 久米島町のご紹介

日本で一番夏が似合う県庁所在地は、沖縄県です。その沖縄県で5番目に大きいとされるのが久米島です。久米島町は文字通り島周辺の奥武島、オーハ島、鳥島、そして硫黄島と共に行政区画の町です。サトウキビ畑が広がり、またダイビングスポットとしても全国、果ては世界から注目される南の孤島です。観光名所で有名な畳石は日本の地質100選にも選ばれている人気のスポットです。年間の気温が平均22度強、同じく年間の最高気温が25度弱と非常に温暖な地です。北上してくる黒潮海流は優良な漁場として四季を通じて色々な魚が獲れます。主な産業は、先ほど言ったサトウキビ農業の他に、肉牛、野菜(ゴーヤなど)、葉タバコと言ったものが中心。また南国フルーツの栽培も盛んでマンゴーなどが最盛期の時には県内だけではなく、他県にも積極的に発送されている。そこから生まれた名産品も逸品揃いで、久米島紬、泡盛、味噌、また最近では海洋深層水を利用したミネラルウォーターの生産にも力を入れています。人口7522人(2017年11月1日調べ)、島の収入源の一つとなっている観光は改めて説明の必要がないかもしれません。最近は外国人観光客も目立ち益々飛ぶ鳥を落とす勢いとなっています。その一部をご紹介してみましょう。まずは日本の渚100選に選ばれた日本のゴールドコースト、イーフビチです。夏に限らずバカンスをエンジョイするにはピッタリの美しい海岸です。海遊びに勤しむもよし、砂浜をロマンチックに夕焼けを眺めながら歩くのも最高です。その夕日が一番綺麗に見えるシンリ浜は、幅広い年代に支持されているビーチです。他にも歴史的建造物や、島ならではのグルメなど見どころ満載の島めぐりになるでしょう。

久米島町がおすすめする人気の特産品・返礼品

マンゴーと言えば東国原元知事のセールスで一躍宮崎が注目されました。しかしマンゴーと言えばやはり本場で食して頂きたいです。その逸品を返礼品として皆さんにお届けします。久米島赤鶏牧場の完熟マンゴーは身の締まった赤みの濃い果肉がジューシーです。そして沖縄の特産品と言えば泡盛です。度数30度の美ら蛍はほのかな甘みと、そのフワーっとした柔らかな口当たりでたちまちの人気商品になりました。もう一つのおすすめは、世界初の大変珍しいハブ皮を文字盤にあしらった腕時計です。貴重な限定品のためお早目にお手元にいかがでしょう。

久米島町のふるさと応援寄附金の使い道

久米島町では皆様から頂いた寄付金を、皆さん自身が決めて頂くという画期的な活用法を提案しました。その他次のような事業にも活用させていただいております。1.ちゅら島づくり(島中を花で彩り、おもてなしの心でお迎えします)、2.ちゅら人づくり(久米島の将来を担う子供たち、同時に頑張る青年たちや起業家を応援します)、 3.しまづくり全般(少子高齢化は久米島においても待ったなしの重要課題です)の3事業で、社会福祉などを充実させ安心できる町づくりを目指します。

沖縄県 久米島町の返礼品ページ

沖縄県 久米島町のホームページ
http://www.town.kumejima.okinawa.jp

SNSでもご購読できます。