沖縄県 金武町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

沖縄県 金武町のご紹介

金武町は、沖縄県国頭郡にあり、沖縄本島の中央部、東海岸側に位置しています。町面積の60%が米軍基地で、5,000人もの海兵隊が常駐しています。那覇市から沖縄自動車道で45分ほど、名護市からは20分ほどの場所で、一年を通じて温暖な気候が特徴で、恩納岳連山の樹木によりが冬の季節風がをさえぎられ、亜熱帯気候の中でも比較的安定した気候です。地下水が豊富な水どころとしても知られており、湧き水は長寿の水としても親しまれてきました。億首川はマングローブが生い茂る「日本の重要湿地」に選定されていて、マングローブ林を一望できる約300mの遊歩道「億首川プロムナード」は、バードウォッチングの名所としても有名です。またカヌー体験なども行われており、自然と触れ合える観光スポットになっています。億首川周辺では、縄文時代の土器が出土していることから、古くから人が生活していたこともわかっています。白い砂幅が続く伊芸海浜公園では、ビーチサッカーの全国大会が行われるほか、駐車場やコインシャワーなどの設備も整っており、多くの海水浴客が訪れます。特産品には、沖縄県民のソウルフード「タコライス」があります。発祥の店「キングパーラー」では、ボリューム満点のタコライスが食べられると評判です。沖縄の行事料理にかかせない「田いも」は、田いもパイや田いもチーズケーキなどの加工品もたくさん作られているほか、豊かな水資源をいかして作られる泡盛、ぶなしめじ、サトウキビや果物、花卉の栽培も盛んです。

金武町がおすすめする人気の特産品・返礼品

沖縄県金武町のふるさと納税返礼品には、沖縄を代表するさまざまな特産品が勢ぞろいです。おすすめは、金武町でとれた田いもを使って作られた全国初の田いも焼酎「金の誉」です。芋焼酎よりも香りがまろやかで飲みやすいと好評です。沖縄県内で飼育される黒豚「アグー」の豚肉も人気があります。金武産のブナシメジや酒粕を加えて作ったこだわりの飼料で、大切に育てられたアグーはしつこくない脂身とジューシーな肉質、豚特有の臭みがないと好評です。

金武町のふるさと応援寄附金の使い道

沖縄県金武町へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、寄付者の希望に沿った活用法で、個性豊かなまちづくりのため、心のふれあいを大切にした保健や福祉の充実に関する事業、薫り高い文化や教育の振興に関する事業、楽しく暮らすための生活環境や生活基盤の整備に関する事業、水と緑を大切にした環境衛生や防災対策の推進に関する事業、まちの活力ある産業の振興に関する事業などに活用されています。特に指定のない寄付金に関しては、まちづくり全般に活用されています。

沖縄県 金武町の返礼品ページ

沖縄県 金武町のホームページ
http://www.furusato-kin.jp/