沖縄県 伊江村のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

沖縄県 伊江村のご紹介

伊江村は、沖縄県の本島本部半島から北西に9kmほどの場所にある、周囲22kmほどの伊江島からなる村です。中央部あたりには標高172.2mの城山があり、川平・東江前・東江上・西江前・西江上・阿良・真謝・西崎の8つの集落に分かれており、定期便フェリーの発着場となる川平が島の中心部となっています。在日米軍の伊江島補助飛行場があり、現在は島の35%ほどを占めています。観光スポットもさまざまあり、4月下旬に100万輪のてっぽうゆりが咲き誇る「リリーフィールド公園」、1000品種のハイビスカスが咲く「ハイビスカス園」など、花の見どころもが多くあります。また真っ白な砂、マリンブルーの海、やわらかな波が魅力の伊江村のビーチ、北西海岸の断崖絶壁で湧き出る水など自然の見どころもたくさんあります。特産品には水はけのよい土壌を利用して作られる「島らっきょう」、沖縄の言葉で「ジーマーミ」と言われる落花生、ブランド牛の基牛となる「伊江牛」、サトウキビより作る「ラム酒」などがあります。伊江村でもっとも多く水揚げされておるソデイカは、漁獲量が全国生産量の60%を占めており、そのイカ墨を使った特産品も多く生み出されています。ごはんと一緒に炊くことで、真っ黒の炊き込みごはんができる「イカ墨じゅーしぃの素」はヒット商品となっています。その他漁業ではカジキや鰹、クロマグロなど伝統のある一本釣り漁が多く行われており、自慢のブランド魚が水揚げされています。沖縄本土からフェリーで30分程なので、沖縄旅行の途中に気楽に立ち寄りたい島です。

伊江村がおすすめする人気の特産品・返礼品

沖縄県伊江村のふるさと納税返礼品には、おすすめしたい特産品があります。一番のおすすめは、2011年に発売されたばかりのブランドで、伊江産サトウキビからとれたサトウキビジュースを仕込んで作られる「イエラムサンタマリア」です。年間製造が12,000本と少ないため、希少な国産ラム酒で、ふくよかなサトウキビの香りで大変人気があります。透き通る透明色のクリスタルと、オーク樽の香りが特長のゴールドがあり、飲み比べセットなどもあります。

伊江村のふるさと応援寄附金の使い道

沖縄県伊江村へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、地域に伝わる伝統芸能や地域文化の継承や育成に関する事業、特産品の開発や地域産業の活性化に関する事業、島が持つ自然環境や地域景観の保全と維持管理、観光への活用に関する事業、村民の健康を考えた福祉の向上に関する事業、青少年の健全育成、教育環境の充実、スポーツ活動の充実に関する事業、そのほか、より暮らしやすい村にするため必要とされる事業などに活用されています。

沖縄県 伊江村の返礼品ページ

沖縄県 伊江村のホームページ
http://furusato-ieson.jp/furusato_hou.php