沖縄県 東村のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

沖縄県 東村のご紹介

沖縄県本島の北部、東海岸に位置している東村は、「やんばる(山原)」と呼ばれており、総面積の約70%が森林を占めており、その森林を源とした大小合わせて14の河川が流れています。人口は1,683人となっており、沖縄本島で最も人口が少ない地域となっています。
那覇市からは国道58号線又は沖縄自動車を利用して約1時間40分、名護市からは約40分となっています。

「やんばるの森」には、国の特別天然記念物となっているノグチゲラを始めとして、独自に進化をしている多種多様な動植物が生息しており、貴重な所としてユネスコの世界自然遺産の候補地となっています。また慶佐次湾のヒルギ林は沖縄本島においてもっとも広く、国の天然記念物となっています。

やんばるの豊かな自然を活かした、豊富な体験型と交流型の観光メニューの開発と推進を行っており、年間約4万人以上もの人が訪れています。手つかずの自然を楽しむことができるキャンプなどの「エコツーリズム」、沖縄の代名詞の青い海を満喫することができる「ブルーツーリズム」、村民の自宅で生活や文化を体験する民泊や三線体験などの「グリーンツーリズム」など幅広い分野で楽しむことができます。

また村が位置している亜熱帯気候域は、マンゴーやパイナップルなどのトロピカルフルーツの栽培に適しており、中でもパイナップルは日本一の生産量を誇っています。他にも太陽の恵みを沢山浴びたお茶は身体に良くて美味しいと評判です。

東村がおすすめする人気の特産品・返礼品

東村の人気の返礼品は、世界に誇る豚肉であり世界中で沖縄にしか存在しない豚の「沖縄あぐー豚」のしゃぶしゃぶセット、太陽をたくさん浴びて完熟し、独特の香りと濃厚な甘みが特徴的な東村の特産品である「マンゴー園の完熟マンゴー」となっています。おすすめの返礼品は、生産量日本一を誇る採れたて「パインアップル」。また、そのパインアップルを使用した「パインアップルの缶詰」や「オリオンビアンカクテル」となっています。

東村のふるさと応援寄附金の使い道

皆さまから寄せられた寄附金は、東村の発展と向上並びに住み良いむらづくりに活用するために、産業の振興並びに魅力のあるむらづくりに関係する事業、自然環境の保全並びに景観の維持と再生に関係する事業、教育と文化、スポーツ活動などの充実に関係する事業、村民の健康増進並びに福祉の向上に関係する事業、その他の目的達成のために村長が必要であると認める事業、の5つの事業に活用されます。

沖縄県 東村の返礼品ページ

沖縄県 東村のホームページ
http://furusato-higashi.jp/