岡山県 矢掛町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/22

 

岡山県 矢掛町のご紹介

矢掛町は、岡山県南西部にあって旧山陽道の宿場町だったので中心街には今でも往時の町並みが残っています。「ホタルの里」として有名で、矢掛町で育ったホタルを東京や大阪に持ち込んでホタル展などを行って町のPR活動を行っています。主な産業としては、米作りが盛んに行われていて、ほかにもぶどう、梨、いちじくなどの果物の栽培も行っています。古い町並みが残っているので観光スポットとしても楽しむことができます。「矢掛宿街並み」は、本陣、脇本陣が残っていて典型的な宿場を見ることができます。入母屋の切妻破風を正面とする妻入や意匠的に優れている鬼瓦などが特徴で「うなぎ」といわれる間口が狭い奥行きの長い作りの町家も矢掛宿街並みの特徴です。「遙照山」は、瀬戸内海の島々や瀬戸大橋を望むことができる展望スポットとして有名です。ブドウなどの果物が美味しいので季節によってブドウ狩りもできるので家族全員で楽しむことができます。昔から町民に親しまれているスイーツもあり、ぼっこう堂の「大名せんべい」などは、手焼きで焼かれたおせんべいでお店では実演しているところも見ることができます。ほかにも江戸時代から伝わる製法で作られる「柚べし」は参勤交代のときに篤姫も食べたといわれています。柚子と味噌の風味が豊かなお菓子でこの町でしか作られていないのでこの味を求めて九州からお客さんがくるほどなのです。「三宅農業」が作るジャンボにんにくは、見た目にびっくりするのですが、臭いが抑え目で食べやすいにんにくなのです。

矢掛町がおすすめする人気の特産品・返礼品

岡山県矢掛町のふるさと納税の返礼品の人気の特産品は、町の自慢のスイーツです。「佐藤雲玉堂ゆべしセット」は、江戸時代から続く製法で作られていて参勤交代で篤姫も食べたといわれています。柚子と味噌の風味がよく、矢掛町でしかいただくことができないお菓子です。「ぼっこう堂セット」は、伝統の技法で作られた大名せんべいなどのお菓子の詰め合わせでお茶請けとして美味しくいただくことができます。麺好きな人におすすめなのが「イケメンセット」です。手延べ素麺、茶々麺、御焼麩のセットをいただくことができます。

矢掛町のふるさと応援寄附金の使い道

岡山県矢掛町へみなさまからいただいたふるさと納税の寄付金は、主に6つの事業から使途を選択することができます。1、子育て世帯がこの町で安心して子育てすることができるように支援する事業2、高齢者がいきいきと暮らしていけるように福祉の充実をはかる事業3、スポーツや文化の振興を行う事業4、町ならではの産業振興をはかる事業5、協働のまちづくりにしようする事業6、未来を担う子供たちがたくさん学べるように学校支援事業に生かすことができます。

岡山県 矢掛町の返礼品ページ

岡山県 矢掛町のホームページ
http://www.town.yakage.okayama.jp/machi/furusato/hurusato3.html