岡山県 和気町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/22

岡山県 和気町のご紹介

和気町は、岡山県の東南部に位置していて人口は約1万5,000人の人が住んでいます。平野には農地が広がっていて米や野菜、果物などの農作物の生産が盛んです。温暖な気候で地理的特徴では、台風や地震などの災害が少ない場所で住みやすい都市です。夏には、町の風物詩として、「和文字焼きまつり」があります。毎年8月16日の午後8時に京都の大文字送り火と合わせて、観音山に和の火文字が点火されます。点火の前には出店や会場の明かりを消しているので点火したときに少しずつ和の文字が浮かびあがる様子はとても厳粛な儀式のようです。「和」というのは、和気町の和と他に京都の「大」と合わせて「大和」という意味もあるのです。秋には、「りんごまつり」や「タンチョウまつり」、「もみじまつり」などイベントもたくさん開催されています。「タンチョウまつり」があるほどタンチョウの飼育数は日本で1番なのです。「自然保護センター」では、タンチョウの飼育施設のほかに湿生植物園や野鳥観察施設などがあります。毎週、自然観察会が開かれていて、訪れる人の目的に合わせた観察のモデルコースなど季節に合わせてくれます。奈良時代から平安時代に活躍した偉人「和気清麻呂」の出身地でもあり、数多くの土木工事を行い町民の安定と発展に努めたのです。また、平安京の遷都の立案は、和気清麻呂が発案したとされています。立派な歴史を持ち、豊富な山の幸に恵まれた都市なのです。

和気町がおすすめする人気の特産品・返礼品

岡山県和気町のふるさと納税の返礼品で人気の特産品は「備前牛」です。地元の有機米を食べ良い環境で育った牛は、質のよいお肉ですき焼きにしても焼肉にしてもどんな料理にも合うお肉です。肉好きな人や食べ盛りのご家庭におすすめの一品です。ダイエット中の人には「こんにゃくらーめんセット」があり低カロリーなだけではなくコラーゲンが入っていてもち米が配合されてもちもちした食感を楽しむことができます。「和み8食入りそば」は、風味としこしこした食感と喉越しが病みつきになります。

和気町のふるさと応援寄附金の使い道

皆様からいただいたふるさと納税の寄付金は、主に6つの推進事業に使途を選択することができます。1、安全で住みやすい町作りをしたいという思いから助け合いのまちづくり推進事業2、すばらしい景観をもつ観光地の推進事業3、人口増加が著しい土地なので子育てしたいと思ってもらえるように子育て援推進事業4、便利な田舎なので他の土地からの人が住んでみたいと定住してもらえるような移住・定住事業5、町内の子供たちがグローバルな目をもてるように教育に関する事業6、和気町を活気ある土地にするように地方創生の事業などです。

岡山県 和気町の返礼品ページ

岡山県 和気町のホームページ
http://www.town.wake.okayama.jp/furusato/