岡山県 高梁市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/22

 

岡山県 高梁市のご紹介

高梁市は、岡山県の中西部にあり、広島県と境を接している市です。市内には高梁川が北から南に貫流しており、支流の有漢川や成羽川が合流しています。年間を通じて霧がよく発生する地で、丘陵部は昼夜の寒暖差が大きく、冬には積雪もあります。盆地部は比較的温暖な気候で、夏は熱がこもりやすく気温の上昇が激しいです。市内には吉備国際大学や同短期大学部があることから、19歳~23歳の人口が突出して多く、学生の町となっています。市街地の北端、小松山の山頂に位置する「備中松山城」は重要文化財の指定を受けており、人気の観光スポットです。秋から春の早朝には雲海が発生し、備中松山城を望める展望台からの景色は幻想的で、一度は訪れたい場所と言われています。江戸の末期から明治にかけて吹屋の長者達が残した最大の文化遺産と言われる町並み「吹屋ふるさと村」は、ベンガラ色の外観と赤銅色をした石州瓦で統一されている、伝統的建造物保存地区となっています。足利尊氏により建てられた禅寺「頼久寺」があり、その庭園は、禅院式枯山水蓬莱の庭園で、国指定の名勝とされています。特産品には、糖度が高くてみずみずしい「桃太郎トマト」や、種無しで甘く、大粒のぶどう「ピオーネ」、もち米に柚子を練りこんで作る高梁市の代表的なお菓子「ゆべし」、高梁川でとれる「鮎」、気候を生かして栽培される「桃」では特に清水白桃が有名です。長年の伝統技術で作り出される、高級な備中漆を使った工芸品は、高梁の自慢の特産品のひとつです。

高梁市がおすすめする人気の特産品・返礼品

岡山県高梁市のふるさと納税返礼品には、まちの自慢の特産品がたくさんあります。おすすめは「桃太郎トマト」です。甘みとうまみ、ビタミンCやリコピンが豊富に含まれており、トマト好きなら誰でも知っているトマトです。そのトマトを用いてJAびほくと岡山東窯業高校のコラボレーションで作られたポン酢も人気で、サラダやとうふ、トマトにかけてもおいしいと評判です。特産品のぶどうも人気です。ピオーネやシャインマスカット、瀬戸ジャイアンツなど、品種も豊富にあります。

高梁市のふるさと応援寄附金の使い道

高梁市へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、「ふるさと応援基金」として積み立て、市内で働き続けられるよう、雇用環境の創出、地域企業の応援、子どもたちが明るい未来を描けるような活力あるまちづくり、地域資源を活かし魅力を高め、市内への移住促進、結婚・出産・子育ての支援、安全で住み続けたいと思えるまちづくり、心豊かな人の育成、生涯学習の推進、教育の質向上、NPO法人の活動支援などに活用されています。

岡山県 高梁市の返礼品ページ

岡山県 高梁市のホームページ
http://www.city.takahashi.okayama.jp/life/4/31/130/