岡山県 瀬戸内市のふるさと納税のご紹介

 

岡山県 瀬戸内市のご紹介

岡山県瀬戸内市は、県の南東部に位置しており、人口は約3万8000人です。JR赤穂線が通っており、岡山駅から約25分、兵庫県の播州赤穂駅から約45分かかります。県庁所在地の岡山市と隣接しているため、住宅造成や通勤通学人口も多くベッドタウンとなっています。市の南部や東部は瀬戸内海に面にしていて、海岸部は瀬戸内海国立公園の区域内に指定されています。

市内の牛窓は、「日本のエーゲ海」と言われているほど瀬戸内海の景観を楽しめる絶景のスポットとされていて、牛窓オリーブ園には、瀬戸内海を見下ろすことができる丘に幸福の鐘が設置されています。恋人の聖地として多くのカップルがデートで訪れる人気の観光名所になっています。また、牛窓のフェリー乗り場などから眺めることのできる美しい夕陽は、「日本の夕陽百選」にも認められています。
牛窓海水浴場は、家族連れで人気のスポットで、瀬戸内海の穏やかな波と広くゆったりとした砂浜を楽しむことができます。後ろにある石段からは、牛窓神社への参道になっていて、こちらからも瀬戸内海を見渡すことができます。

寒風陶芸会館一帯は、備前焼のルーツとも言われている須恵器が焼かれていた場所で、古窯跡群があります。この窯跡は国指定重要史跡になっており、寒風焼は特産品にもなっています。他にも、干拓地で強い日差しを浴びて育った冬瓜やそうめん南瓜の栽培、瀬戸内海の温暖な気候を利用して育ったオリーブなどが特産品として知られています。

瀬戸内市のふるさと応援寄附金の使い道

全国で第3位の生産量を誇る特産品の牡蠣の詰め合わせやアヒージョのセットが種類も多く、返礼品として人気があります。また、特産品のオリーブから作られたオリーブオイルやオリーブオイルドレッシングセット、化粧用オイルや石鹸のセットなどからオリーブの苗木までオリーブ製品も種類が多く返礼品としておすすめです。他にも、岡山県産のコシヒカリや、瀬戸内産の旬の野菜セット、寒風焼のビアカップや虫明焼の湯呑セットなどがあります。

都城市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税で寄せられた寄附金は、「瀬戸内市応援基金」に積み立てられ、以下の事業に有効活用されます。寄附をする際に寄附者は希望の事業を指定することができます。
1、産業の振興に関する事業、2、自然又は環境の保全に関する事業。3、医療または福祉の充実に関する事業、4、教育や文化またはスポーツの振興に関する事業、5、安全、安心なまちづくりに関する事業。6、人権に関する事業、7、市長が必要と認定する事業(市におまかせ)など

岡山県 瀬戸内市の返礼品ページ

岡山県 瀬戸内市のホームページ
http://www.city.setouchi.lg.jp/kurashi/shisei/furusatonozei/1446120758026.html

SNSでもご購読できます。