岡山県 奈義町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

岡山県 奈義町のご紹介

岡山県奈義町は、岡山県の北東部にあり、鳥取県と境を接しています。昭和30年2月に北吉野、豊田、豊並の3力村が合併し奈義町となりました。町名の由来となる那岐山が北部にそびえたっています。観光名所もたくさんあり、自然の中では「蛇淵の滝」「馬桑屋敷の滝」「滝神社の滝」が有名です。登山コース3つのうち1つのコース途中に蛇淵の滝があります。「菩提寺の大イチョウ」と「阿弥陀上大イチョウ」があり、菩提寺の大イチョウは国の天然記念物に指定されており、全国名木百選にも選ばれました。
また、作品と建物が一体化した現代美術館があります。4人の芸術家に一般の美術館ではおそらく収集不能だとされている巨大作品を依頼し、作家と建築家が話し合い、全体の空間を使用しています。

奈義町に江戸時代から伝わる伝統芸能として、横仙歌舞伎が有名です。地域の絆を深める為に、年4回の定期公演と県内外への出張公演も積極的に行っています。また、体を動かす場所としては「総合運動公園」や「奈義中央広場」があります。総合運動公園は、町民がスポーツに親しめるよう野球、テニス、ゴルフ、プール等様々なスポーツ施設が開放されています。

特産農産物のPRを特産農産物キャラクター「さと丸くん」が行っており、観光案内所には、普段廃棄する里芋の親芋を使用した「里芋焼酎」があります。出来上がった焼酎は、予想を上回る上品な香りに仕上がっています。その他にも町内産の米粉を使用した様々なパンが販売されています。近隣の農家さんが大切に育てた新鮮な野菜や、さと丸くんポロシャツもあります。

奈義町がおすすめする人気の特産品・返礼品

特産品である脂肪の甘みと、肉の豊かな風味が特徴の和牛ブランド「なぎビーフ」が人気であり、口触りが柔らかく甘みがある「おかやま黒豚」とのセットや、「木工品」の置物、豊かな自然で育った果物を使用した「フルーツコラーゲンゼリー&果実あめセット」、菜の花を緑肥として活用、農薬や化学肥料を減らした安心、安全なお米「那岐山麓菜の花米」が返礼品とされています。おすすめは、熟成された「なぎビーフ」と「バラ肉や赤肉」が詰め合わせされている焼肉セットです。

奈義町のふるさと応援寄附金の使い道

岡山県奈義町へ寄せられた皆様からの大切な寄附は、将来の発展、自然環境・歴史的資産の継承、活力のある地域づくりを目的に活用されています。1.豊かな自然環境を守り、活用する事業、2.次世代を担う子供たちの教育環境を充実させる事業、3.福祉と健康づくりの向上に関する事業、4.伝統と文化の保存、伝承に関する事業、5.観光資源の維持とその整備に関する事業、6.町長が町の発展に寄与すると特に認めた事業 以上の項目となっています。

岡山県 奈義町の返礼品ページ

岡山県 奈義町のホームページ
http://www.town.nagi.okayama.jp/gyousei/furusato_nouzei/index.html