岡山県 倉敷市のふるさと納税のご紹介

 

岡山県 倉敷市のご紹介

倉敷市は岡山県の南部に位置し、人口も約47万人と多く、中枢都市とされています。江戸時代に天領として栄えた街は現在では「倉敷美観地区」とされていて、白壁の屋敷や川沿いの柳、現在でも色濃く残る江戸の風情はとても心地良いものです。綺麗な町並みを観光するには人力車で回るのも良いですが、いつもと違った目線から見ることのできる「川舟流し」がおすすめです。

倉敷市は蔵が多く並んでいたので「倉屋敷」から「倉敷」と呼ばれるようになったという説があります。その眺めを舟から見渡すと景観の美しさに魅了されます。江戸時代から守られ受け継がれてきた文化に触れることができる「大原美術館」や「倉敷考古館」世界中の民芸品が集められている「倉敷民藝館」などの多くの観光施設があります。その他にも陶芸などを体験できる施設として旧倉敷紡績所である「倉敷アイビースクエア」があり世代を問わず楽しめる場所になっています。

「桃太郎のからくり博物館」は人形が宙に浮いている!?とか、自分の体が見えなくなる!?といった不思議な体験ができる観光地です。からくりを調べてみるのもおもしろいですよね。外観がユニークな「倉敷貯金箱博物館」には、屋根の上にすごい数の犬おり、その光景は圧巻ですよ。今ならまさにSNS映えするスポットといえそうです。「犬の資料館」と「おもちゃ博物館」も併設されていて、日本で最も古い自転車も展示されています。
また他にも「日本郷土玩具館」という場所もあり、昔からのおもちゃが展示されています。

このように倉敷市は、歴史を大切に守り続ける街なのです。

倉敷市がおすすめする人気の特産品・返礼品

倉敷市の特産品の白桃は生産量日本一になっており、先人の高度な栽培技術により育った桃は高級な人気の果物となっています。ひとつひとつ手作りされる口吹きガラスの「倉敷ガラス」や「倉敷帆布」と呼ばれる、昔ながらの帆布と呼ばれる天然素材だけを使って作られているバックなどおすすめとなっています。その他にもマスカットは品種も多く「マスカット・オブ・アレキサンドリア」は上品な甘さととても良い香りがして「果実の女王」と呼ばれています。高級果物の桃やマスカットなどは季節限定の返礼品となります。

倉敷市のふるさと応援寄附金の使い道

皆様からの寄附金はよりよいまちづくりの財源として下記の取り組みに活用されます。受け継がれている歴史的な町並みを守る為に。子供たちが健やかに育ち、自己実現できるように。すべての人間が尊重され生きがいをもち生活できるように。市民の方々とともに防犯や防災体制の整備強化のために。今の豊かな自然を次世代へ引き継ぐために。人々が健康を保てるよう、文化・スポーツ活動の推進とともに倉敷市の魅力を全国に誇れるように。

岡山県 倉敷市の返礼品ページ

岡山県 倉敷市のホームページ
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=10598

SNSでもご購読できます。