大分県 臼杵市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大分県 臼杵市のご紹介

臼杵市は大分県の東海岸に位置する市で、人口はおよそ3万9千人です。豊予海峡方面に楕円状に細長く延びた地形をしていて、東は豊後水道に面した臼杵湾があり、南西部は鎮南山や姫岳などの比較的に険しい山々が津久見市、佐伯市と隣接しています。野津川が南西部に流れ、臼杵川や末広川、熊崎川が臼杵湾に注いでいます。これらの河川沿いは水田が広がり、野津地域の北側は畑地が広がっています。

気候も恵まれ、瀬戸内型気候と南海型気候を持っており、温暖多雨です。醤油の製造で有名で、醸造業は江戸時代末期より主要産業として発展してきました。最近ではニーズに合わせて新たな調味料やドレッシングを開発しており、好調です。
酒造も多く、清らかな水を利用して地酒や焼酎づくりがされています。造船業も基幹産業で、あらゆる素材の船を製造しています。進水式と醸造工場を組み合わせて観光のコースにもなっています。

またふぐを一年を通して楽しむことができ、透明感と身の厚さが特徴です。他にもかぼすぶりやタチウオが有名です。農作物の生産も盛んで、葉たばこや吉四六ピーマンやカボス、ニラに質の高いイチゴや甘太くん、トマト、お米が栽培されています。

国宝として知られる臼杵石仏があり、平安時代から室町時代初期に彫られたと言われています。誰が何のために彫ったものか現在でも謎のままの不思議な佇まいと荘厳な雰囲気を感じる事が出来る石仏です。近年では城下町の町並みでも知られるようになり、石畳の趣ある通りや江戸から変わらぬ商店など一見の価値があります。

臼杵市がおすすめする人気の特産品・返礼品

臼杵市のおすすめの返礼品は市内で収穫された美味しい野菜やお米などです。特に美味しい空気と綺麗な水の豊かな大地で育てた化学肥料を使わずに育てた吉四六米などが人気です。臼杵の森で育ったクヌギから生産者が丁寧に育てた椎茸もも肉厚で香りが豊かでどんな料理にも使うことができます。肉類もイノシシ肉から豊後牛肉や大分県産の豚肉があります。また特産品のふぐ刺しのセットも外せません。臼杵市ならではの豊かな環境から獲れた野菜やお米、肉類に魚介類、そして酒類と種類が豊富で、どれも絶品です。

臼杵市のふるさと応援寄附金の使い道

臼杵市の応援寄付金の用途は以下の3つより選択出来ます。1.安心して子育てできる環境づくり、子育て支援、教育などで、子育て相談支援、教育支援、農泊体験などを通じた人材育成2缶する事業、2.資源を活かした産業の振興企業の誘致や地場産業支援、そして6次産業化への推進などに関する事業、3.移住や定住による「うすきでの暮らし」のすすめ、IJターンの推進に地域おこしなどの移住支援や住環境の整備、そして地域振興協議会支援による地域活性化へ取り組み、以上の3つです。

大分県 臼杵市の返礼品ページ

大分県 臼杵市のホームページ
http://www.city.usuki.oita.jp/docs/2014020600612/

SNSでもご購読できます。