大分県 宇佐市のふるさと納税のご紹介

 

大分県 宇佐市のご紹介

宇佐市は大分県の北部の国東半島の付け根にあり、人口はおよそ5万5千人です。アクセスもよく、交通の要衝で市内を国道10号や宇佐別府道路が通過しており、東九州自動車道を使って大分市や別府市、佐伯市へも容易にアクセスできます。経済的に隣接している中津市と関係が深く、中津都市圏の雇用圏に入ります。

そして観光名所が非常に多いことから県内有数の観光都市となっています。
文化財の宝庫と言われ、宇佐神宮は全国4万社余りの八幡宮の総本宮であり、全国から参拝客が訪れます。そんな同市は神仏習合といって全国で初めて神社と寺院を並列させた寺もあったり、神輿の起源をもっていたりと歴史が深く、東西本願寺別院や龍岩寺、鰻絵に石橋と古い歴史と文化遺産が数多く残されています。

大分県は鰻絵が全国一の多い県で、中でも安心院地域には60カ所以上もあり、日本一多い地域となっています。
また石橋も院内地域は75基残されており、うち64基がアーチ型で、その密集度は日本一と言えるでしょう。

そして焼酎の出荷量も日本一で、その種類はブランドから珍しい物まで多岐に渡ります。
有名な麦焼酎の「いいちこ」が全国へ出荷される全てを市内で製造されています。またどじょうの産地としても有名で宇佐の養殖どじょうは清らかな水で育てているので臭みもなく、柔らかい食感が特徴です。
今では全国にあるからあげの専門店ですが、同市が発祥であり、市内には専門店が数多く並んでいて、秘伝のタレであつあつのからあげを提供しています。

宇佐市がおすすめする人気の特産品・返礼品

宇佐市の返礼品のおすすめは特産品の酒類で、特に焼酎は日本一の出荷量を誇り、種類も豊富でそれぞれの酒造から名品が出品されています。また安心院ワインは安心院産のぶどうをひとつひとつ手選りしていて、良いブドウの手搾り果汁のみを使って地ワインを作っています。安心院ワインと安心院ぶどうのセットもあって、どちらも楽しむことができます。もちろん「いいちこ」のプレミアム商品もあります。他にも宇佐豊後牛や宇佐わたりがになども人気の食品です。

宇佐市のふるさと応援寄附金の使い道

宇佐市への応援寄附は「宇佐市ふるさと応援基金」に積立て、以下のふるさとづくりの財源として活用されます。1.ふるさと「うさ」の自然・文化を守る事業自然環境の保全、文化遺産の保全、2.ふるさと「うさ」の人材育成事業子育て支援、まちづくりリーダー育成、図書の購入、3.ふるさと「うさ」への定住と交流促進事業安全・安心への対策、高齢者支援や都市農村交流など、4.コミュニティの組織応援をする事業新たな地域コミュニティ組織で市が認定した「地区まちづくり協議会」の事業、5.その他市長に必要と認めた事業、6.宇佐市平和ミュージアムの推進事業などに活用します。

大分県 宇佐市の返礼品ページ

大分県 宇佐市のホームページ
http://www.city.usa.oita.jp/life/4/29/154/

SNSでもご購読できます。