大分県 日出町のふるさと納税のご紹介

 

大分県 日出町のご紹介

大分県日出町は、大分県の中部にあり、国東半島の南端部に位置するまちで、かつて同じ速見郡に所属していた杵築市とは、生活、文化などの結びつきがあります。産業の中心は、商業、工業で、黒東地域には半導体等の工業が進出し、周辺はベッドタウンとして人口が増加しています。

観光としては、夏はプール、冬はイルミネーションなど年間を通して遊べ、ハローキティやマイメロディなどのキャラクターのパレードやライブを楽しめる家族連れにおすすめのサンリオキャラクターパーク、関ヶ原の戦いの後、姫路から入国した初代藩主の木下延俊が築き、その周辺には日出藩ゆかりの寺社や、近年復興された櫓などの文化財、音楽家である瀧廉太郎を輩出した瀧家の菩提寺など歴史の色を濃く残した場所である城下町日出、海からの風により心地よいハーブの香りが広がり、別府湾を一望できる海岸線と森に囲まれ、ハーブやワイルドフラワー、バラが楽しめる体験型ハーブ農園、大神ファームなどがあります。

特産品としては、将軍にも献上された高級魚で、町内で湧き出る良質な水で育ったため、泥臭みがなく、肉質が柔らかく、純白で刺身にしてもおいしいと美食家にも絶賛されている城下かれい、県内でも有数の水揚量を誇り、生簀での活かし込みを実施することにより、クセがなく、あっさりとした湯引きの他、フライや焼き物など、様々な調理方法で味わうことができる鱧、またちりめん・しらすは、日ノ出町で昔から漁が盛んで、港近くでちりめんが一面に敷き詰められた風景は、日ノ出の夏の風物詩となっています。
このちりめんは高級ブランドの豊後別府湾ちりめんとして全国で販売されています。

日出町がおすすめする人気の特産品・返礼品

日出町のふるさと納税の返礼品は、蒸したカレイの身をそぼろにして、椎茸や山椒が入った味噌と煉り合せた城下かれい味噌や、鮮度にこだわった完全無添加の豊後別府湾ちりめん、選び抜かれた麦と自然の水を使用し精製された、まろやかな舌触りの大分むぎ焼酎、エサや水質にこだわり、外海の変化に左右されない陸地の養殖池で育てられ、コリコリとした食感や、独特の甘みが人気の日出町大神の活き車エビなど、特産品を楽しめるものがたくさんあります。
中でも、日出の美味しいふるさとセットは、町内の事業者による様々商品が組み合わさっており、おすすめです。

日出町のふるさと応援寄附金の使い道

寄付金は、日ノ出町まちづくり基金として積み立てられ、人材育成を行うための事業や、国内の地域間交流、国際交流を行うための事業、地域文化を伝承するための事業、歴史の発掘、観光振興及び、芸術文化の向上を図るための事業、地場産業の育成、地域特産品の開発を行うための事業、住民の福祉、生涯学習、健康づくりの推進を行うための事業、イベントの開催のための事業、地域情報化の推進、地域通貨の流通と普及促進を図るための事業、そのほか町長が必要と認める事業に活用されます。

大分県 日出町の返礼品ページ

大分県 日出町のホームページ
http://www.town.hiji.oita.jp/page/page_00548.html

SNSでもご購読できます。