新潟県 弥彦村のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

新潟県 弥彦村のご紹介

新潟県弥彦村は、西蒲原郡に位置する村で人口は8000人ほどの村です。弥彦山や弥彦温泉など観光資源が豊富で、弥彦競輪場では日本で唯一の村営による公営競技が行われ、村にとって重要な集客施設となっています。村から最寄りの高速道路出入り口は三条燕インターチェンジで、ここから約30分で行くことができます。東京からは約300キロで約4時間、長野県からは200キロで約3時間かかります。弥彦村には県内随一のパワースポットである弥彦神社があり、神様の村と言われています。とても荘厳な造りの神社で、万葉集にも登場する歴史ある神社です。天照大神の曾孫である天香山命を御祭神としており、神社の背後には弥彦山がそびえています。弥彦山へはロープウェイを使って山頂まで行く方法と登山道を登る方法があり、弥彦神社内からロープウェイ乗り場までは送迎バスも出ています。全長1000メートルの絶景は季節によって見え方が違い,春は桜、秋は紅葉を楽しむことができます。弥彦村の特産品としては「弥彦むすめ」という極早生品種の枝豆があり、ブランド枝豆として栽培されています。また、「やひこ太郎」というジャンボ椎茸も栽培されており、肉厚の食感が人気の逸品です。女性に人気なのが「やひこジェラート」です。新鮮な弥彦産の素材にこだわって作られたジェラートで、深みのある味わいとすっきりした後味は一度食べると忘れられない美味しさです。味の種類の豊富で、ミルク、ブドウ、イチゴと全部で9種類もあります。

弥彦村がおすすめする人気の特産品・返礼品

弥彦村の特産品としてお米があり、弥彦の神様が新潟へ稲作を広めたという言い伝えがあります。弥彦で生産された特産品でもある「伊彌彦米」はコシヒカリ種のお米で、農薬や化学肥料を50%以上減らして栽培されたお米です。安心安全にこだわるという方にはおすすめで人気の返礼品です。また村では、地酒作りも盛んで「こしのはくせつ」という純米酒の銘柄があります。「泉流こしのはくせつ純米大吟醸」は村で契約栽培されている山田錦を100%使用しており、丁寧にじっくり時間をかけて醸されます。 さらに、こしのはくせつと弥彦村産の梅で造られた「こしのはくせつ梅酒」は女性にも人気でおすすめの返礼品です。

弥彦村のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税で寄せられた寄付金は、個性ある村づくりのために主に九つの事業に使われます。(1)保健、医療、福祉の充実、(2)子育て支援の推進、(3)教育の充実、生涯学習、生涯スポーツの推進、文化、芸術の振興、(4)農林、商工、観光など地場産業の振興、(5)自然環境の保全と環境美化の推進、(6)交通安全、防犯、防災体制の強化、(7)尊重にお任せ、(8)菊まつり、菊づくりの後継者育成支援事業、(9)モンゴルとの国際交流の推進などが対象です。

新潟県 弥彦村の返礼品ページ

新潟県 弥彦村のホームページ
http://www.vill.yahiko.niigata.jp