新潟県 十日町市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

新潟県 十日町市のご紹介

新潟県十日町市は、新潟県の南部に位置する人口52,000人ほどの町です。市の中央を日本一長い河川である信濃川が流れ、世界有数の豪雪地帯です。年間の降雪量は平均で11メートルを超え、最大積雪量は平年で2メートル以上です。豪雪地ゆえに家の玄関が2階部分にあったり、道路の真ん中にノズルがあって雪を解かすために地下水が吹き出ている光景など、雪国ならではの風景があります。そんな豪雪地帯の十日町市では、雪をマイナス面と捉えるのではなく雪を友とし雪を楽しむという発想から、十日町雪まつりというイベントがあります。雪像やスキー駅伝大会など、国内で初めて住民が主体となり雪まつりを行ったことから、現代雪まつり発祥の地と呼ばれています。十日町市の特産品として、最も有名なのが魚沼産コシヒカリです。市内全域で稲作が行われており、信濃川に形成された肥沃な土壌と十日町の気候風土が名声を誇る魚沼産コシヒカリを生み出しています。雪解け水によって美味しく育つアスパラガスもおすすめします。特に6月頃採れる春取りアスパラは、根先の部分まで柔らかく皮むきが不要なほど柔らかいのが特徴です。また、観光スポットとしては星峠の棚田がおすすめです。日本の原風景とも言える棚田を見ることができます。また見に行く季節によっても見え方が全く異なり、四季折々の幻想的な風景を楽しめるでしょう。棚田はここだけではなく、他にも市内に何か所かあります。

十日町市がおすすめする人気の特産品・返礼品

十日町市を代表する特産品である「魚沼産コシヒカリ」が返礼品の中でも人気があります。十日町のふるさとの味を味わえる返礼品としては「ふるさとの味セット」がおすすめです。ふきのとうの味噌和えや山ウドの酢味噌和えなど十日町の自然食材をふんだんに使っているおすすめの逸品です。また十日町の特産品として着物も有名で着物の街としても知られています。着物のメーカーが製作した和の小物セット「ペンケースと手ぬぐいセット」はお土産としても人気があります。

十日町市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税で寄せられた寄付金は、個性ある街づくりのために主に九つの事業に使われます。(1)雪まつりをはじめ雪を楽しむイベントの開催費用、(2)障碍者、高齢者に優しい街づくりの推進、(3)大地の芸術祭の開催と作品管理、(4)子育て支援、教育環境の整備、(5)道路や住宅の雪対策、(6)自然環境の保全と自然エネルギーの活用、(7)スポーツや文化芸術活動の振興、(8)地域経済の活性化と雇用の創出、(9)市内のNPO法人の支援などです。

新潟県 十日町市の返礼品ページ

新潟県 十日町市のホームページ
http://www.city.tokamachi.niigata.jp