新潟県 佐渡市のふるさと納税のご紹介

新潟県 佐渡市のご紹介

新潟県佐渡市は佐渡島全域を市域とする人口57,000人の街です。周りを海に囲まれているため漁業が盛んで、日本海の冬を代表する味覚であるズワイガニや毛ガニが有名です。身の締まった甘みのあるカニが水揚げされます。そして牡蠣、カニの養殖も行われています。島の中央にある国中平野では稲作も盛んで、佐渡産コシヒカリというブランドで流通しています。佐渡の清らかな水とミネラルを含んだ潮風といった大自然の恵まれた環境で育つ佐渡のお米は、魚沼と並ぶトップブランドです。佐渡の原木生しいたけは、とても肉厚で食物繊維が豊富で低カロリーと人気があります。佐渡島へのアクセスは、新潟からフェリーで2時間30分、ジェットフォイルで65分、東京からは飛行機とジェットフォイルを乗り継いで約4時間で行くことができます。佐渡に行ったら絶対外せない観光スポットと言えば佐渡金山跡でしょう。佐渡は日本最大の金銀山として栄えた地であり、江戸時代から平成元年の操業停止まで400年の間に産出した金は78トン、銀が2,330トンにもおよびます。当時の坑道内の採掘状況が再現されており、砂金を採る体験コーナーもあります。佐渡でもう一つ有名なのがトキです。生きたトキを見るには佐渡しかないので、佐渡を訪れたら是非立ち寄りたいのがトキの森公園です。トキは臆病な性格のため至近距離で見ることは中々難しいですが、運が良ければ間近まで寄ってくることもあるそうです。

佐渡市がおすすめする人気の特産品・返礼品

佐渡市の特産品である人気米の佐渡産コシヒカリの返礼品が「朱鷺と暮らす郷」です。農薬や化学肥料を50%削減した佐渡市の認証米です。トキの餌場として「生き物を育む農法」で栽培れているため基準と検査が厳しく、そこが美味しさの秘訣です。また佐渡は周りを海に囲まれているため日本海の海の幸が豊富です。佐渡の荒波と豊富な海藻を食べて育った特産品でもあるサザエの返礼品が「活サザエ15個入り」です。肉厚でミネラル豊富でおすすめの逸品です。佐渡の豊かな自然で育った果物で「佐渡産ふじりんご」があります。樹で完熟させているので蜜がたっぷり入った甘い人気のおすすめリンゴです。

佐渡市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税で寄せられた寄付金は、個性ある街づくりのために主に四つの事業に使われます。(1)佐渡金銀山の世界遺産登録を推進するための費用や保全整備関連事業、世界遺産普及への啓発、情報発信事業、(2)未来を担う子供たちへの子育て支援、キャリア教育、小中学校の教育振興事業、教育環境の整備事業、(3)トキと共生する環境保全事業、トキ保護推進事業、(4)泉運営の費用や佐渡の温泉利用促進と魅力づくり等に活用されます。

新潟県 佐渡市の返礼品ページ

新潟県 佐渡市のホームページ
http://www.city.sado.niigata.jp/topics/f_tax0807/index/index.shtml