新潟県 柏崎市のふるさと納税のご紹介

 

新潟県 柏崎市のご紹介

新潟県柏崎市は、中越地方の西端にある日本海に面した都市で人口は84,000人ほどです。かつては石油精製業で栄えた街ですが、現在は稲作が盛んで観光資源が豊富です。また東京電力柏崎刈羽原子力発電所が稼働しており、一つの発電所で出力する電力量としては世界最大の規模を誇ります。柏崎市は東京から約300キロのところにあり、車で約3時間、新幹線なら約2時間20分で行くことができます。人気の観光スポットとしては松雲山荘の紅葉がとても人気があります。綺麗に整備された庭園内の紅葉はとても綺麗で、夜になるとライトアップもされて幻想的風景は圧巻です。また日本海の海の幸を堪能できるスポットとして、日本海フィッシャーマンズケープという鮮魚センターがあります。「お魚の三十三間堂」というキャッチコピーもつくほどに、日本海の新鮮な海の幸を豊富に品揃えしており、鮮魚センターとしては日本最大級の売り場面積を誇ります。お腹が空けば新鮮なお刺身や海鮮丼などを食べることができるレストランなども併設されており、お土産好適品もたくさん品揃えしてあります。そしてフィッシャーマンズケープそばには、恋人同士で来られる方にお勧めのスポットとして恋人岬というところもあります。夕日を眺めながら、ハート形のプレートと鍵をくぐりつけるととてもロマンチックで、恋愛成就されると言われています。カップルで柏崎を訪れる際には是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

柏崎市がおすすめする人気の特産品・返礼品

稲作が盛んな柏崎市では、特産品のコシヒカリの返礼品が数多くあり、「柏崎産無洗米コシヒカリ」や「柏崎産ミルキークイーン」、「柏崎鵜川のコシヒカリ」などがおすすめです。また大手菓子メーカーブルボンの工場も立地していることから「ブルボン柏崎工場詰め合わせセット」というお菓子のセットはお子様や女性の方にも人気の返礼品でおすすめです。お酒のあてとしての人気なのが日本海の特産品をふんだんに使った「日本海グルメセット」です。塩鮭の切り身とイカの醤油漬けがセットになった逸品です。

柏崎市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税で寄せられた寄付金は、個性ある街づくりのために主に三つの事業に使われます。(1)子供たちがまちへの愛着と誇りを持てるまちづくり事業として、将来の柏崎を担う人材づくりの推進、地域の生活文化や資源を活かした市外との交流推進(2)若い世代や女性から選ばれる街づくり事業として、起業、創業に対する積極的な支援、基幹産業の技術を継承する人材の育成(3)高齢者がいきいきと暮らせるまちづくり事業として、働きたい高齢者の知識や経験を活かせる就労環境の充実などに活用されます。

新潟県 柏崎市の返礼品ページ

新潟県 柏崎市のホームページ
https://www.kashiwazaki-furusato-ouen.jp/

SNSでもご購読できます。