奈良県 田原本町のふるさと納税のご紹介

 

奈良県 田原本町のご紹介

奈良県磯城郡には、3つの町があります。その南端、奈良盆地の中央に田原本町が置かれています。人口は3万2千人と同じ磯城郡の中でも一番人口の多い町です。奈良盆地にある自治体全体に言えることですが、大阪府とは程近い位置にあり大阪市や京都市への越境通勤および通学をする人も多くいます。大和川や寺川、飛鳥川、曽我川が町内を通り山に囲まれていることから、1年の気温差が大きく雨が少ない気候となっています。古くは商業地として栄えてきた歴史を持ちます。そして、この町の持つ特徴の1つが、この地に伝わっている多くの昔話です。桃太郎伝説は全国に存在しますが、主に伝わる地域は岡山県岡山市と香川県高松市そして愛知県犬山市です。実は、桃太郎の誕生地として考えられています。桃太郎のモデルと思われる吉備津彦野命は孝霊天皇の息子ですが、孝霊天皇がかつて住んでいた場所がここ田原本町の法楽寺だと推測されています。法楽寺の入り口には、桃太郎伝説発祥の地を示す石碑が建てられています。また、観光名所でもあり、指定文化財として登録されている唐古・鍵遺跡には、弥生時代の集落の痕跡が残されていました。この遺跡面積は42万平方メートルと広大で、東京ドームおよそ10個分にも相当します。広さもさることながら、建物跡や鋳造関係遺物、絵画が描かれた土器などが多く出土したことから土地の盟主が所有していたと考えられている遺跡です。この遺跡は絵画土器の出土数が全国最多となっています。土器に絵が描かれていること自体が珍しいため、歴史的価値の高さは計り知れません。現在は唐古・鍵考古学ミュージアムにおいて出土品が展示されている、町を代表する遺跡です。

田原本町がおすすめする人気の特産品・返礼品

町が選ぶ返礼品に、創業以来120年の歴史を持つ織田畳店が生み出した畳雑貨「葵(Aoi)ラウンド財布かぎろひ(黒)」やその色違いを提案しています。使われている畳表はセキスイ樹脂であり、撥水加工を施すことで耐久面をクリアしました。奈良県の特産品でもある「柿の葉すしさば・さけ」も安定の人気を誇っています。県内でも希少な「【奈良県ブランドいちご】古都華(ことか)」もおすすめで、こちらも是非味わってもらいたい一品です。

田原本町のふるさと応援寄附金の使い道

寄附金の使途は、唐古・鍵遺跡の整備や子どもの健全育成など5つの事業から選べます。遺跡整備では、開発中の史跡公園整備や調査研究に利用します。子どもを対象にした事業では、子育て支援やスポーツ振興を考えています。そして町により多くの人を呼び込むための事業も進めていきます。町史資料のデジタル公開や、公共施設や学校などを対象にしたAEDの購入といった実績ができたため、今後も順次活用していこうと考えています。

奈良県 田原本町の返礼品ページ

奈良県 田原本町のホームページ
http://www.town.tawaramoto.nara.jp/gyosei/hometown_tax/index.html

SNSでもご購読できます。