奈良県 高取町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

奈良県 高取町のご紹介

高取町は奈良県のほぼ中央に位置し、日本史のふるさと、飛鳥地方にある町です。古代の名残である石造物や古墳、遺跡が発掘されていることでよく知られています。統一国家発祥の地の証として、おおよそ6世紀から7世紀末に築造された大小の古墳が、800本基にも及びます。中でも佐田、春日神社境内にある「束明神古墳」は7世紀後半のものとされ、大規模を誇る終末期古墳として有名です。高取町の産業は農業、林業が盛んに行われています。また、万葉の時代までさかのぼるほど、古くから薬業が発展し、江戸時代終り頃には大和売薬が始められていました。現在は数多くの医薬品製造・卸売会社が本社を置き、薬の町とも呼ばれています。特産品はやはり農産物が多く、特に「農」を活かした町づくりの一環として、様々な加工品が製造、販売されています。代表的なものとして「イチゴジャム」、「こんにゃく」、「黒豆」、「味噌」、「餅」があります。もうひとつ、町の特産品として忘れてならないのが、「山水米」、「水車米」です。「山水米」は上子島地区で高取山からの天然水のみを利用し栽培しています。「水車米」は水車小屋のうすと杵を使用して約6時間、ゆっくりと精米しているので、お米本来の風味と甘みを楽しめます。高取町は個性ある自然と城下町の面影が色濃く残っており、伝統や町並みの保存にも力を入れています。かつて、5百棟もの商家が軒を連ねていた高取城へ続く城下筋「土佐街道」、平安時代の国宝「紺綾地金銀泥絵両界曼荼羅図」がある子嶋寺などの名刹、毎年3月に開催される「町家の雛めぐり」などで、その歴史の一篇を垣間見ることができます。名所の他に、町のボランティアによるハイイキングコースも観光の見どころです。6コースに分かれており、それぞれ古代、中世、土佐街道や高取城など、その時代の史跡などをガイドの説明を聞きながら巡るので、子どもから大人まで楽しめると毎回多くの人々が参加しています。

高取町がおすすめする人気の特産品・返礼品

高取町のふるさと納税の返礼品は、農産物を中心に幅広く選ぶ事ができ、高取町の特産品が種類豊富に楽しめます。野菜や果実、調味料などの加工品はそのままで食べるのはもちろん、いろいろな料理に使えるので、小さなお子さんのいる家族からご年配の方まで幅広くおすすめです。ご自宅用の他、日頃お世話になっている目上の人や会社の上司、親しい友人または両親へのお礼の品やギフト、手土産の品としても大変喜ばれると人気があります。

高取町のふるさと応援寄附金の使い道

全国の皆さまから頂いた寄付金は、公共施設整備事業として道路・庁舎・リベルテホール等の建設・修繕事業等、地域文化振興事業として高取城跡及び土佐街など地域振興・観光の活性化事業等、学校教育推進事業として小・中学校における教育推進事業等、地域福祉向上事業として医療・母子・児童・介護等の事業等といったテーマの中から寄付者に使い道を選んで頂くようになっています。特に指定がない場合、町長が高取町のまちづくりの推進に認める必要な事業に使われます。

奈良県 高取町の返礼品ページ

奈良県 高取町のホームページ
http://www.town.takatori.nara.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=101&frmCd=3-4-0-0-0