奈良県 三宅町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

奈良県 三宅町のご紹介

奈良県三宅町は奈良盆地の中央に位置し、霊峰金剛、葛城の山並みがあり、飛鳥川、寺川、曽我川の流域にひらけた自然環境に恵まれている地域です。万葉集の中でも「三宅の原」「三宅道」と詠われ、万葉の時代からある歴史の息づく街です。京奈和自動車道の三宅インターチェンジの設置などにより、道路も整備されてきたことで県内はもちろんですが、大阪までのアクセスも良くなってきました。今後もますます利便性を良くしていく見込みです。奈良県の中では面積が一番小さな町となっており、人口も現在は約7,000人弱となっています。町のシンボルとして、昔から日本人に親しみのある八重桜や、万葉集で三宅の原の花として詠われているあざさがあります。町内にある数か所の神社などで見ることが出来るのですが、早朝に咲き昼頃になるとしぼんでしまうこと、気温も朝20度以上にならないと咲かないなど条件があるため、なかなか見ることが難しく、幻の花ともいわれています。見ごろは5月から10月なので、訪れた際には午前中にあざさを見ながらお散歩を楽しんで頂くのも良いかと思います。また、三宅町には古墳が幾つかあり、その中でも前方後円墳の遺跡が残り形としても綺麗なものは5隻後半のものとされています。また三宅市は、スポーツシューズの生産が全国1位となっています。サッカーシューズや野球シューズ、スキー靴や登山靴、ゴルフシューズなど多岐にわたって生産されています。フルオーダーシステムがあるので、オリジナルの商品を作ることも可能となっています。

三宅町がおすすめする人気の特産品・返礼品

三宅町がおすすめする特産品として、「ヒノヒカリ」というブランド米があります。奈良盆地のへそ部分に位置する地域、屯倉の地で清らかな水が流れる吉野川と太陽で育てたお米です。精米後すぐに密封するので長期保存が可能で、いつでも粘りの強いおいしいお米を食べることが出来るようになりました。また、三宅町では公式少年用グローブの名前刺繍入りをご用意しています。職人が丹精込めて作ったグローブに、お子さんの名前を直接刺繍し世界に一つのグローブとしてお届けすることが出来る人気のサービスとなっています。お子さんのご活躍を期待する親御さんに是非ご活用して頂きたい返礼品となっています。

三宅町のふるさと応援寄附金の使い道

納税者の皆様からお寄せいただいた寄付金は下記の項目に活用させていただきます。1.子どもたちの教育推進及び健全育成に関する事業に活用、2.住みよい環境づくりおよび景観保全に関する事業に活用、3.安心して暮らせるまちづくり及び福祉に関する事業に活用、4.その他のふるさと三宅のまちづくりに関する事業に活用させて頂きます。ふるさとまちづくりへ協賛していただける方は是非ふるさと納税を活用して頂きご検討を宜しくお願い致します。

奈良県 三宅町の返礼品ページ

奈良県 三宅町のホームページ
http://www.town.miyake.nara.jp/4278/4282/001860.html