奈良県 広陵町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

奈良県 広陵町のご紹介

奈良県の南東部に位置する広陵町は、奈良県で一番人口の多いまちです。平安時代初期に成立した、日本で書かれた最初の小説とされている「竹取物語」の竹取の翁は「讃岐の造」と呼ばれていること、かぐや姫に求婚した5人の貴族が住んでいたとされる藤原京からも通いやすい距離であり、この広陵町は竹取物語の舞台であると言われています。そんな竹取物語と関連した讃岐神社や竹取公園が、観光地として人気です。竹取公園の中には、古墳時代の住居を学術的に復元した古代住居広場があり、古代人の生活を実際のサイズで見学することができます。また、毎年打ち上げ花火や太鼓の響演に加え物産展も開かれる「広陵かぐや姫まつり」が行われ、多くの人でにぎわいます。広陵町の特産品は、靴下や織物、そしてプラスチックです。中でも靴下は、約150社もの会社が製造しており、全国の靴下生産量のトップを誇ります。これは、歴史を辿ると「大和木綿」の産地として盛んだったことと繋がります。大和木綿の産地であったことから、靴下の他にも織物も盛んに生産されてきました。今となっては織物工場の数は減ってしまったものの、その技術とノウハウは町の貴重な財産として受け継がれています。また、もうひとつ忘れてはいけないのが「ナス」です。昭和35年から本格的に栽培されるようになったナスは、今では「夏秋ナス」「冬春ナス」共に国の野菜指定産地とされ、代表的な特産品となっています。

広陵町がおすすめする人気の特産品・返礼品

広陵町のふるさと納税の返礼品は、特産品である靴下の他にもお米やお肉、スイーツなど種類が豊富です。全国生産量1位である靴下は、レギンスやシースルーのものからキッズソックスなど幅広く選ぶことができ、おすすめです。また、オランジェットとオレンジフィナンシェを組み合わせた新しいスイーツ「オランジェ」や、100年以上続く和菓子店の最中も人気があります。他にも、スペインの高級食材であるイベリコ豚や、奈良県が誇る柔らかく上質な味わいの大和牛など絶品のお肉もあります。

広陵町のふるさと応援寄附金の使い道

みなさまから頂いた大切な寄附金は、広陵町を元気なまちにするために活用させて頂きます。「みどりの環境」を守る事業や交通安全・防災施策の充実などの「住み続けたくなるまちづくり」、子育て世帯応援事業や「健幸」のまちづくり事業などの「福祉・いきいき健康のまちづくり」、蔵書図書の購入事業や歴史ロマン漂うまち事業などの「文化薫り高いまちづくり」、広陵地域ブランドの創出や農業の担い手育成など「活力あふれるまちづくり」の5つのまちづくり施策から選ぶことができます。

奈良県 広陵町の返礼品ページ

奈良県 広陵町のホームページ
http://www.town.koryo.nara.jp/