奈良県 川西町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

奈良県 川西町のご紹介

奈良県磯城郡にある川西町は、奈良県の北西部に位置します。町全体は平坦な地形で、町の中には川がいくつか流れていますが、どれも町の北側で大阪湾に流れる本流・大和川に合流しているのが特徴です。観光地として知られる面塚は、「観世能発祥の地」と伝えられています。その伝承によれば、室町時代のある日、天からひとつの翁の能面と一束のネギが降ってきたのだそうです。村人は能面をその場に葬り、ネギをその地に植えたところ見事に育ち、戦前まで「結崎ネブカ」として名物になりました。そんなユーモアあふれる伝承と共に、観世能楽と結崎ネブカはこれまで川西の名物として愛されてきました。また、「子出来おんだ」と呼ばれる少し特異なお祭りが行われる六県神社や、全長190mもある島の山古墳など重要文化財を持つ史跡の数々も散策するには欠かせません。川西町の特産品は、柔らかくて甘いネギ「結崎ネブカ」でありますが、実はこのネギは栽培が難しく日持ちしないため、いつしか「幻のネギ」となっていました。しかし、平成14年に町おこし事業として改めて栽培されるようになり、今ではメディアでも取り上げられています。また、もう一つの特産品として、海もないのに珍しい産物、貝ボタンがあります。原材料となる貝は赤道直下の諸国から輸入され、それを加工した貝ボタンは川西町が全国でもトップシェアを誇っています。奥深い光沢が魅力の貝ボタンの技術は、明治20年ごろドイツから伝わりました。その後、大正時代に急成長を遂げ、一度は衰退してしまうものの、現在改めて近代技術と昔ながらの手作り感を兼ね備えた付加価値のあるものだとして再注目されています。

川西町がおすすめする人気の特産品・返礼品

川西町ふるさと応援寄附金の返礼品は、寄附金相当額の範囲内で複数選択することができます。川西町の特産品である貝ボタンは、お好みの文字を彫刻することができるので自分用だけではなく大切な方へのプレゼントにも使えます。また、ボリュームたっぷりな季節野菜の詰め合わせを頼む場合は、幻のネギとさえ言われている結崎ネブカの出荷シーズンを狙うのがおすすめです。他にも、大和牛や大和肉鶏といった全国に誇る大和の肉や奈良県のお米ひのひかりなど人気な商品がずらりと揃っています。

川西町のふるさと応援寄附金の使い道

川西町は、「安心すくすく豊かな”かわにし”」のまちづくり及び「人や企業にとって魅力のあるまちづくり」など4つの活力プランの実現に向け、川西町へのふるさと応援寄附金の取扱要綱を制定しました。頂いた寄附金の使い道は、教育施設の整備に関する事業、保健、福祉事業の充実に関する事業、スポーツの振興、文化の保全に関する事業、生活環境の整備に関する事業、小学校新入生への制服支給など子供たちの育成に関した事業のいずれかを選んでもらうことができます。また、どの事業も指定をされなかった場合には、町長におまかせとなります。

奈良県 川西町の返礼品ページ

奈良県 川西町のホームページ
http://www.town.nara-kawanishi.lg.jp/contents_detail.php?frmId=3115

SNSでもご購読できます。