奈良県 生駒市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

奈良県 生駒市のご紹介

生駒市は、奈良県の北西部にあり、江戸時代には生駒聖天・宝山寺の門前町として栄えていました。現在では大阪市や奈良市のベッドタウンとしてしられており、大阪へ通勤する人が多い市です。現在の人口は118,000人ほどで、徐々に増えてきています。生駒山地や矢田丘陵など、山に囲まれた街であり、市街地にも丘や山が点在し平地が少ない地形であるため、傾斜地にも住宅があり、車やバイクでの移動が必須です。生駒山の中腹にある重要文化財「宝山寺」には近鉄生駒駅から日本最古のケーブルカーに乗ってアクセスします。 商売繁盛や良縁、子授け、恋愛成就などのご利益があるとされ、市外からも多くの観光客が訪れています。生駒山山頂には1929年に開業した「生駒山上遊園地」があり、日本最古で高さ30mの「飛行塔」が名物です。「ペットふれあいの森・生駒」が併設されており、犬や猫とのふれあいができるほか、夏にはナイター営業がされ、涼しい立地なので、多くの方が訪れています。生駒市には特有の地場産業や食文化があり、中でも全国的に有名な特産品の「茶筅」は1975年に伝統工芸品として指定され、今なお手作業で作られています。また、明治末期より作られている「編み棒」は多くのラインナップがあり、手編み好きの方のいろんなニーズにもこたえています。生駒市高山で平安時代より伝えられている伝統の技で焼き上げた「かきもち」は厳選されたお米と天然醸造醤油を使い、職人さんがひとつひとつ丁寧に手焼きして作られています。

生駒市がおすすめする人気の特産品・返礼品

生駒市のふるさと納税返礼品には生駒らしい品々が勢ぞろいしています。中でもおすすめは、生駒づくしのスイーツセットです。お土産コンテストで準グランプリを獲得した3種のはちみつキャラメルやはちみつの風味を生かしたマドレーヌ、生駒の自然の中で育った卵をたっぷり使って作ったカップケーキなど、盛りだくさんで人気があります。また、生駒の歴史ある酒蔵で作られたお酒もこだわりの逸品です。また伝統工芸特産品の茶筅もおすすめです。柄の長いマドラータイプなどもあり、茶道の作法とは別に楽しみたくなる一品です。

生駒市のふるさと応援寄附金の使い道

奈良県生駒市にふるさと納税で寄せられた寄付金は以下の7つの事業に活用していきます。1.「音楽のまち・生駒」のサポートコース、2.「IKOMA SUN FESTA」のサポート、よりよい子育て環境の提供、3.ナラ枯れに悩む生駒山の保全、4.高齢者が交通費や施設利用券として使える「シルバー生きいきクーポン券」の配布、5.学校のトイレ環境の整備、6.地元野菜をイノシシから守り、捕獲対策として、7.生駒市長におまかせなどの事業は生駒市の魅力をさらに高めるため、使用させて頂いております。

奈良県 生駒市の返礼品ページ

奈良県 生駒市のホームページ
http://www.city.ikoma.lg.jp/category/17-0-0-0-0.html