奈良県 五條市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

奈良県 五條市のご紹介

吉野川の流域に位置する奈良県五條市は、奈良県の南西部にあります。金剛山と吉野連山に囲まれており、市街は割と平坦な道が続きますが、市街を離れると坂道が続きます。五條市は古くより大阪と紀伊を結ぶ交通の要所として栄え、西へ向かう道は紀州街道、東へ向かう道は伊勢街道と呼ばれていました。明治の終わり、街道はそれぞれ国道として整備をされましたが、旧紀州街道である新町通りでは、江戸時代の建物が77棟も並んでおり、今でも当時の景観を楽しむことができます。また、新町界隈の中でも旧伊勢街道の名残としてひと際目を引くのは、国の重要文化財「栗山邸」です。この栗山邸は現在、建築年代のわかっているものの中でも日本で最も古い民家といわれています。他にも、金剛寺や大澤字、藤岡家住宅など歴史を感じられるスポットがたくさんあります。また、五條市の特産品は生産量日本一の柿です。西吉野地域を中心に柿の果樹園が広がっています。西吉野で育てられている柿は3種類ありますが、そのうち2種類は渋柿ですが残り1種類の甘柿は、「富有柿」です。富有柿は甘みが強く肉厚で、全国的にも人気があり有名な柿です。また、この地域には古くから純柿酢や柿のかす漬、柿ジャムなど、他の地域ではあまり耳にしないような一大産地ならではの加工品が数多く伝わってきました。平成6年にオープンした柿博物館では、こういった柿の歴史や使われ方など、柿の意外な情報を知ることができます。

五條市がおすすめする人気の特産品・返礼品

五條市のふるさと納税の返礼品は、特産品である柿やその加工品が主ではあるものの、他にも地元で獲れた鹿や猪の肉、吉野川で育った鮎の塩焼きや香梅煮などがあります。古くから夏祭りのごちそうとして各家庭で作られてきた柿の葉すしは、鯖や鮭の旨味と柿の葉の香りをしみ込ませた秘伝の味です。また、「柿もなか」や「柿こーり」といった柿の特徴を活かしたお菓子も、他ではなかなか食べられないのでおすすめです。もちろん、加工していない富有柿や五條市で育った梨、吉野川の水で育てた桃など、自然の味をそのまま楽しめる果物も人気があります。

五條市のふるさと応援寄附金の使い道

みなさんからご支援いただいた寄附金は「ふるさと五條市応援寄附金」と呼ばれ、五條市のふるさとづくりに活用させて頂きます。申し出の際に、寄附して下さる方ご自身でどの事業に使うのかを指定することができます。選択できる事業は、福祉・医療・環境保全に関する事業、産業の振興に関する事業、道路建設など生活基盤の整備に関する事業、消防防災に関する事業、教育・文化振興等に関する事業の5事業のうちひとつです。いずれの使途も選択されない場合は、市政一般への活用とさせていただきます。

奈良県 五條市の返礼品ページ

奈良県 五條市のホームページ
http://www.city.gojo.lg.jp/www/contents/1440566774939/index.html