長崎県 雲仙市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

長崎県 雲仙市のご紹介

雲仙市は、長崎県の島原半島西部にある市で、人口44,000人ほど、総面積214.31㎢のまちです。藩政時代には島原藩、鍋島藩へ属していましたが、明治4年の廃藩置県で島原県に属すこととなり、その後長崎県の管轄となりました。明治22年4月時点では、13村で構成されていましたが、その後には合併を経て昭和44年4月に7町構成、平成17年10月に7町が合併したことにより雲仙市が誕生しました。温暖多雨の気候で、県内でも有数の農業地帯です。橘湾や有明海沿いの美しい海岸線、普賢岳、雲仙地獄などの自然環境が豊かで、日本最初の国立公園「雲仙天草国立公園」や「島原半島県立公園」が指定されています。季節に応じて花や景色を楽しむことができ、それぞれに趣があります。雲仙温泉のメインスポットである雲仙地獄は、硫黄のにおいが立ち込め、湯けむりが立ち上る恐ろし気な地獄の風景のようで、迫力があります。江戸時代にはキリシタンの殉教の地として使われていました。この雲仙温泉で蒸された温泉卵は繁忙シーズンには一日に2,000個も売れる人気商品です。また温泉水を使って焼き上げている「湯せんべい」はサクサクとしていて軽く、食べやすいと評判です。古くから伝わる焼き物「雲仙焼」も味わい深い作品が多く、お土産としても人気があります。雲仙ロープウェイは、絶景と春のミヤマキリシマや秋の紅葉など、季節も感じられ、雲仙に来たらぜひのぼってみてほしいです。

雲仙市がおすすめする人気の特産品・返礼品

雲仙市のふるさと納税返礼品には、雲仙市の特産品をはじめとしたさまざまな品があります。おすすめは、温暖な気候を生かし生産されている「じゃがいも」です。ビタミンCが通常の1.5倍もあるばれいしょ「アイユタカ」が味も色も艶も抜群です。雲仙岳のおいしい水と豊かな環境で育った特別栽培米「にこまる」は全国米の食味ランキングで最上位を取得しているお米で、つやつやでふっくらした炊き上がりが人気です。地域資源を生かしたオリジナル飼料で育てられたジューシーな豚肉「雲仙あかね豚」もおすすめです。

雲仙市のふるさと応援寄附金の使い道

雲仙市のふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、ふるさと応援基金に積み立てられ、子育て支援、福祉や健康、移住定住の促進、雇用を生む産業づくり、企業誘致、観光地域づくり、自然環境と調和したまちづくり、公共交通や上下水道などの整備、歴史と文化を大切にした郷土づくり、学校教育や生涯学習などの充実、地域コミュニティーの育成、人材の育成などの事業に活用されています。寄付者により希望する事業を選択、指定がない場合は市長が認めた事業のために使われています。

長崎県 雲仙市の返礼品ページ

長崎県 雲仙市のホームページ
http://www.city.unzen.nagasaki.jp/info/prev.asp?fol_id=21045