長崎県 新上五島町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

長崎県 新上五島町のご紹介

新上五島町は長崎県内にある五島列島の中で主要となる5島のうち、北東端にある中通島とその南西に位置する若松島及びその周辺の島を町域にしている町で読み方は「しんかみごとうちょう」と読みます。今では南松浦郡でただ1つの地方自治体となっており、その周辺部に有人島5島、無人島60島を含んでいます。町の総人口は18,877人(2017年10月現在)になっております。1981年に中通島と頭ヶ島は頭ヶ島大橋によって結ばれており、また1991年には中通島と若松島が若松大橋の完成によって結ばれました。島のつくりのため、陸続きではありませんが隣接する市町村は同じ長崎県内の五島市奈留町、西海市崎戸町平島、北松浦郡小値賀町の3町は海続きで隣接しています。新上五島町を支える産業は島であるため、漁業・農業及び観光業です。交通手段は、以前は空の便もありましたが現在は運行をしておらず、最寄りは航路がメインとなっており、町内の道路は国道384号線及び県道22、32、46、62号線になります。なお町内には西肥自動車が運行する路線バスが走っております。主な観光名所は、国の天然記念物にもなっている「奈良尾のあこう大樹」や「米山展望台」、また世界で初めて洋上での石油の備蓄システムとなる「五島石油備蓄基地」などがあります。なお主な町の名産品には「五島手延うどん」や新上五島町ならではのトビウオの別名「アゴ」、「海水塩」、お酒では本格的な芋焼酎「五島灘」などが有名です。

新上五島町がおすすめする人気の特産品・返礼品

新上五島町から皆さまへお返しする返礼品には以下のようなものがあります。誕生のルーツは遣唐使時代まで遡り、以前は幻のうどんと呼ばれて日本を代表する三大うどんにも数えられる「五島手延うどん」やダシをとれば「五島手延うどん」との相性はバツグンで、いろいろな料理の味付けにアクセントをつけて絶妙な味わいを加える「アゴ」などは特産品にもなっております。また、昔と変わらぬ美しさが残る五島列島の海水で時間をかけて作られる「海水塩」はミネラル豊富でおすすめのお土産品としても人気があります。

新上五島町のふるさと応援寄附金の使い道

新上五島町を愛する方や、心のふるさとに感じていただける方から新上五島町を盛り上げたい、というお気持ちを「ふるさと応援寄附金」という名目でこの町を応援していただくものになります。皆さまのご支援をお待ちしております。なお寄附金の使い道については皆さまに決めていただくため、下記の7項目から寄附金の用途をお決めください。1.つばきを活かすまちづくり事業2.世界遺産登録事業3.文化財保全、修復事業4.子供の教育、子育て事業5.福祉推進事業6.海を守る事業7.雇用創出、産業振興事業となっています。

長崎県 新上五島町の返礼品ページ

長崎県 新上五島町のホームページ
http://official.shinkamigoto.net/kurashi_full.php?eid=01383