長崎県 西海市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

長崎県 西海市のご紹介

長崎県の西海市は、西彼杵半島の北端に位置し、地域の殆どが起状の緩やかな山地と丘になっています。周辺には五島灘や佐世保湾、大村湾と島が点々にあり海に囲まれた環境が特徴です。まちの歴史は、佐世保湾に面する横浦湾は、キリシタン大名の大村純忠が開港し、南蛮貿易の中心として発展しました。また、江戸時代より五島灘沿いの西彼杵半島西部並びに各離島の港は、捕鯨基地として栄え、明治以降はエネルギー生産の拠点として石炭採掘が始まり、各港には人と物資が行き交い賑わいを見せました。1955年、面高と七釜の2村が合併し西海村が誕生、その後、町村合併が進み平成の大合併で西海市となりました。市の規模は人口が約2万8千人、面積は241k㎡であり、隣接する都市は長崎市や佐世保市となります。主要産業は農業と畜産業、そして海の恵みを活かした漁業が盛んです。特産は、温暖な気候からデコポン、ミカン、スイカ、西海町のゆで干し大根、大島町の完熟トマト等の農産物が有名です。一方、水産物も大村湾で獲れたナマコやカキ、五島灘ではカサゴやブリ、アワビ、ヒジキ等数多くの海の幸が獲れます。このように海や山等の自然環境に恵まれた西海市の観光スポットは多く存在しており、中でも人気の高い場所は、可愛い小動物や植物と触れ合える長崎バイオパークや西海橋と伊ノ浦瀬戸を見渡すことができアスレチック場、遊歩道が備わる西海橋公園、また、長崎県最長の橋で眺めの良い大島大橋には多くの方が訪れています。

西海市がおすすめする人気の特産品・返礼品

西海市を代表する特産品は、温暖な気候に恵まれた自然環境の下、デコポン、西海みかんやメロン、プラム等の果実やゆで干し大根、大島トマト等の農産物と海の幸のナマコ、カキ、アワビ、イセエビ等があります。また、大村湾の真珠も有名です。ふるさと納税寄附金への返礼品は、地元特産品が中心に構成されています。中でも人気の高い品は、西海みかんや西海産のイチゴ、ブドウと完熟トマト、びわ等です。また、水産品からはうず潮カキがおすすめです。

西海市のふるさと応援寄附金の使い道

西海市に寄せられた寄附金の主な活用は、まず海や山等の環境管理や観光名所、史跡の保守保全、またまちの美しい眺めを維持する為に充当されています。次に、高齢者の方を中心とした健康寿命のサポートです。健康スポーツの機会創出やボランティア活動の助成となります。そして安心して子育てができるまちを実現するため、育児や保育、子ども教育の支援です。保育施設の環境を見直す等、安心してお子さんを預けられる取組みとなります。

長崎県 西海市の返礼品ページ

長崎県 西海市のホームページ
http://www.city.saikai.nagasaki.jp/docs/2011031500375/