長崎県 松浦市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

長崎県 松浦市のご紹介

長崎県松浦市は、長崎県北部の北松浦半島に位置する人口22,000人の街です。北側は玄界灘に面しており、松浦魚市場における総水揚げ量は89,000トン以上、アジが35,000トン、サバは40,000トンで国内8位と日本有数の水産業の街です。松浦市へのアクセスは、福岡から鉄道で約2時間30分、車なら約2時間の距離です。松浦市には自然環境が織りなす景勝地が数多くあり、伊万里湾にある鷹島は市内の中で人気の観光スポットです。元寇の襲来を受けた島で、弘安の役の際には台風により元軍が全滅したとされています。島までは橋が架かっており、鷹島大橋からの景色をドライブしながら楽しむことができます。また、玄界灘に浮かぶ青島はフェリーにて20分ほどで行くことができ、まるで沖縄にいるかのような透明感のある綺麗な海を見ることができます。ゆったりと自然を感じたい方にはおすすめの観光地です。松浦はフグやマグロ、クルマエビの養殖も盛んであり、特産品としても人気があります。特にフグの中でも高級魚のトラフグは全国トップレベルの生産量を誇り、松浦の自然豊かな海で育てられたトラフグは透き通った身の歯ごたえ、上品な甘さがあり「鷹ふく」というブランドで九州、関東、関西各地に流通しています。また、国内屈指のアジ、サバの漁獲量を誇り「旬あじ」、「旬さば」というブランド展開もしています。刺身としてはもちろんですが、地元ならではの贅沢な食べ方としてサバしゃぶもおすすめです。

松浦市がおすすめする人気の特産品・返礼品

松浦市の特産品であり、ブランド展開もされている「旬あじ」と「旬さば」を詰め合わせた返礼品が「旬づくし」です。アジの開きやアジ丼、サバフィレやしめさばなどが詰め合わさった贅沢な返礼品です。甘いもの好きの方におすすめなのが「たまごやさんのプリン6個入り」です。松浦市にある老舗の養鶏場が育てた新鮮な卵を使って作られた特濃プリンで、女性にも人気があります。その他にも、松浦の特産品である養殖本マグロを使った「まぐろ丼たれ付き」です。鷹島の海で育った養殖本マグロは人気が高く、驚きの仕上がりになっています。

松浦市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税からの寄付金は、個性豊かで活力ある街づくり、心が和み安心して暮らせる街づくりのために主に3つの事業に活用されます。1.まつうら仕事きらり事業=就業の機会の創出やワークライフバランスを保つための環境整備、支援等に関する事業、2.まつうら人きらり事業=働く場所を確保、働く機会の創出、仕事と生活の調和を図る環境整備や支援等に関する事業、3.まつうら街きらり事業=生活環境や防災体制の整備をはじめ、豊かな資源を活かした地域活性化事業に活用されます。

長崎県 松浦市の返礼品ページ

長崎県 松浦市のホームページ
http://www.city-matsuura.jp/www/contents/1222067432198/index.html

SNSでもご購読できます。