長野県 上田市のふるさと納税のご紹介

長野県 上田市のご紹介

長野県上田市は、平成18年に真田町、丸子町、武石村が合併し16万人が住む中核都市です。雨が少なく菅平高原は、夏の平均気温が19.6度でスイスのような景観から「日本のダボス」とも呼ばれるほど涼しい気候です。雨が少ないのですが、周辺にダムがたくさんあり、農業用水やため池があるので水不足に悩まされることもない土地です。標高の高低差のある土地で標高の低いところでは、水稲、果物、準高冷地では、野菜が育てられ、真田地域では「レタス」、上田地域では「トルコキキョウ」、丸子地域では「リンドウ」、武石地域では「ひめゆり」が名産としてブランド化されています。観光地としても有名でスポーツ合宿やリゾートとして菅平高原にたくさんの人が訪れます。温泉もあり、「別所温泉」、「鹿教湯温泉」などです。大河ドラマでも取り扱われた真田氏のゆかりの地にもなっているので年間110万人が観光に訪れています。上田地域には、奈良時代に国分寺、国分尼寺が建立され、「信州に鎌倉」と言われています。国宝で日本唯一の「八角三重塔」や多くの歴史的建造物や史跡が残されています。丸子地域は、6月にラベンダーが咲き誇り、地元の合唱団や屋外音楽施設でコンサートを行っています。工業の集積地として栄えてきた反面、自然とのふれあいを大事にし、人や文化との交流を積極的に行ってきた土地でもあります。長野県上田市では、さまざまな地域で観光地やリゾート地として楽しめる場所がたくさんあります。

上田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

長野県上田市のふるさと納税の返礼品のおすすめの特産品は、人気の温泉地やリゾート地、美味しい果物があります。「別所温泉ご宿泊補助券」は、信州最古の温泉別所温泉を楽しむことができるお宿に泊まることができます。「鹿教湯温泉ご宿泊補助券」も健康の郷である鹿教湯温泉を利用できるお宿に宿泊することができるのです。信州の果物と言えば、りんごやぶどうで「まるごとしぼりりんご&ぶどうジュース」のセットは、丸ごと絞った果汁100%のジュースです。無添加で自然の甘みをそのまま楽しむことができるので、お子さまにも安心して飲んでいただくことができます。

上田市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税でいただいた寄付金の使い道は、1、真田昌幸、幸村が徳川の大軍を2度も退けたことで有名な上田城の復元整備2、ラグビーワールドカップ、東京五輪のキャンプ地誘致3、こどもへの教育内容を充実させるための事業4、豊かな自然環境やのどかな田園風景の保全活動5、文化・芸能の魅力を上げてまちの魅力を高める事業6、市長に使途をおまかせと様々な場面で使用しています。例えば、地域医療や子育て支援、市政の重要課題に使われているのです。

長野県 上田市の返礼品ページ

長野県 上田市のホームページ
http://www.city.ueda.nagano.jp/hp/furusato_kifukin/index.html