長野県 喬木村のふるさと納税のご紹介

 

長野県 喬木村のご紹介

喬木村は長野県の南部にある下伊那郡に位置しており、伊那谷を南北に流れている天竜川の悠久な流れの中で作られている、日本でも最大規模となっている河岸段丘上にある村となっています。人口は約6,300人、総面積は66.61平方キロメートルとなっており、豊かな自然に囲まれて、北には豊丘村、東と南、さらに西の村境は飯田市と接しています。車でのアクセス方法は、東京方面から中央自動車道の利用で約3時間30分、松川IC降りて約25分、名古屋方面から中央自動車道の利用で約2時間、飯田IC降りて約20分となっています。交通アクセスも良いため、買い物や通院の利便性が高くなっています。県内屈指のいちごの産地の喬木村は、いちご狩りをはじめとして、甘酸っぱいブルーベリーも楽しむことができるブルーベリー狩りや真っ赤なリンゴをリンゴの木一本全てを収穫することができるリンゴの樹オーナー園などの、四季に応じた果物狩りが楽しめるだけでなく、阿島の大藤、くりん草園、しだれ桜といった美しい花々に囲まれている、自然と共存している村となります。特産品には江戸時代の中期から作られ続けている、歴史と伝統の重みを感じることができる阿島傘や、希少価値の高い在来種の生芋だけを使用した、手作りの矢筈こんにゃくとなっています。また出産や子育て支援にも力を入れており、出産祝い金を第一子は5万円、第二子は10万円、第三子は30万円、第四子は40万円支給しています。

喬木村がおすすめする人気の特産品・返礼品

喬木村の村花の「くりん草」にちなみ、名付けられた「信州くりん豚」が人気となっています。あっさりとして食べやすいお肉は、ほのかに甘い香りが香ります。またおすすめの返礼品は、人の手で丁寧に灰汁とりを行い、りんごの味を知り尽くした、産地に近いからこそ出せる美味しさが魅力の「リンゴジュース」や、信州産の材料を豊富に使ったお味噌が特徴の、郷土料理である「五平餅」、また季節に応じて発送される特産品の「桃」や「リンゴ」、「梨」、「市田柿」に「いちご」も人気です。

喬木村のふるさと応援寄附金の使い道

喬木村へふるさと納税で頂いた寄付金は、村の人口対策や定住促進並びに地域活性化のため、喬木村富田地域で若者定住住宅を建設するなど、村の将来を担う子供のための教育環境の整備や、住民の方が安心して暮らせるための各種工事などの村作りに有効活用しています。また各地区が自主的で創造的な取り組みをサポートするために村政全般や村民参加、生涯学習など選べる使い道を8種類設定して、自治進行交付金の交付や村の活性化を促進するための資金としています。

長野県 喬木村の返礼品ページ

長野県 喬木村のホームページ
http://www.vill.takagi.nagano.jp/special/sp1_furusato/

SNSでもご購読できます。